金属アレルギーの症状と原因!注意しなければいけない物とは

シェアする

金属が体に触れることで痒みや赤みといった症状が起こる

金属アレルギーと言うのがありますね。

金属アレルギーの症状と原因、そして注意しなければいけない物があるのをご紹介します。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーにはどういったアレルギー症状があるのか?

その症状について知っておきましょう。

蕁麻疹・湿疹

金属アレルギーの一番の症状は金属に触れた肌が荒れて炎症を起こし、痒みや赤みを引き起こすことでしょう。

また金属アレルギーにも2種類あって「局所性」と「全身性」と言うのがある。

局所性は、金属が触れている部分に炎症が起こる。
全身性は、体内に入った金属が別の部分で炎症を起こす。

局所性はイメージ通り金属が触れた場所に症状が起こります。しかし全身性と言うのは触れていない場所にも起こるため金属アレルギーだと気づかないケースもあります。

そのため「金属アレルギー=触れた場所だけ」という認識はしないように!

口内が荒れる

金属アレルギーですが口の中で荒れることもあります。

その理由は「入れ歯・差し歯」などです。

銀歯など金属を口の中につけるケースは多いでしょう。もちろん金属アレルギーの方はそんなことをしてはアレルギー症状が起こります。口の中で炎症が起き、口内が荒れます。

またチョコレート等にも多少の金属アレルギーの原因物質が含有しているのでそれがアレルギー症状に繋がる恐れもあります。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは、血圧が低下して意識がもうろうとする命の危険があるアレルギー症状の事ですね。

先程も言った通り、チョコレート等にも原因物質は含まれています。

なのでそれが原因でアナフィラキシーが起こる可能性はゼロではありません。

つまり原因物質が含まれている食べ物には注意する必要があるでしょう。

金属アレルギーの原因

金属アレルギーってナゼ起こるか知っていますか?

実はただ単に金属が触れているだけはないんですよ!

金属アレルギーの原因は「タンパク質」にある事が分かっています。

え?金属なのにタンパク質?そう思う人も多いと思います。

実は金属は汗などの体液に触れると溶ける性質があります。一見わかりませんが実は多少溶けているのです。そしてそれがイオン化することで体内に侵入してタンパク質と結びつき、特殊なタンパク質に変化すると言われています。

そしてその特殊なタンパク質こそが、アレルギー物質!

そのアレルギー物質がアレルギー症状を引き起こしている原因だと言える。

実は肌に触れて赤くなっているんではなく、肌の中に入って炎症を起こしているのです。なので実際に触れた肌以外の場所にアレルギー物質が移動してほかの場所で炎症を起こすこともあります。それが全身性の金属アレルギーですね。

金属アレルギーの方が気をつけなくてはいけない物

金属アレルギーの方が気を付けないといけない金属は以下だと言われています。

  • 水銀
  • クロム
  • ニッケル
  • コバルト

あと分かりやすい金属などは書きません、そしてここにあるのが全てではないのでご注意を

ピアス

ピアスは金属で耳の中に貫通させるのはアレルギー症状がモロに出やすい。

なので一番危険だと言えるでしょう。

実際にピアスを開ける人は一度、パッチキットで検査することが絶対必要。

耳が痒くてたまらなくなる事もあるので絶対に検査したあとで!

ただ「ピアスコート」という金属アレルギーでもピアスを付けれるグッズもあるらしい。

ネックレス

ネックレスも肌の直接金属が触れるためNG。

首あたりが痒くなるので注意。

イヤリング

イヤリングも耳につけるためダメですね。

金属アレルギーだとアレルギー症状が起こります。

ヘアピン

ヘアピンでも実は金属アレルギーが起こることがあるようです。

ただ今はチタンヘアピンという金属アレルギーでも付けれると話題のヘアピンもある。

口紅

口紅も実は金属アレルギーだと刺激になります。

口が腫れて、痒くなるそうです。

アイシャドウ

アイシャドーには金属が含まれていることが多い。

ニッケルやクロムなどアレルギー症状が起こりやすい金属も多いです。

目が腫れて大変な事になるので、アイシャドウはNGです。

アイライナー

アイライナーも金属が含まれていることが多い。

なので使用は控えるべきかも。

インプラント(入れ歯)

入れ歯やインプラントでも金属アレルギーが出ることがあります。

しかしインプラントの場合はチタンという金属アレルギーが出にくいのを使っている。

ただ勿論チタンアレルギーもあるので絶対安心ではない。

銀歯

銀歯などは金属なのでアレルギー症状が出やすい。

また口の中が荒れるといった症状も見られることも

カミソリ

よくカミソリ負けと言いますが、それとは違います。

カミソリ負けとは敏感肌の方が刺激に耐えられずに炎症を起こすことです。

普段カミソリくらいしか金属を使わない人は
金属アレルギーとカミソリ負けを勘違いする事はあるかもしれませんね~。

髭剃り

ひげ剃りはカミソリ負けと一緒で勘違いされる方もいるかもしれませんね。

ただ比較的ひげそり等は金属アレルギーが出にくい部類だと思います。

フライパン

フライパンでも金属アレルギーが起こることがあるんだってー。

基本的にセラミック製なら問題ないらしい。

スプーン・フォーク

スプーンやフォークでも金属アレルギーが起こる方がいます。

特に唾液は金属を溶かしやすいので注意が必要ですね。

ただ比較的出にくい商品だとも思いますけどね。

指輪

指輪は金属製だとアレルギー症状が起こります。

また長時間つけていることもあり、起こりやすい部類だと思う。

結婚指輪、婚約指輪など金属アレルギーが起こりやすい物は多い。

時計

時計も金属製ならアレルギー症状が起こることがある。

まぁ殆どが金属なので、完全な木製などを使うべきかな。

楽器

楽器の中には、金属が使われているものがある。

特に息を吹きかけて音色を出すのは、口が荒れることがある。

小銭

小銭も金属です。

人によっては小銭を持つと痒くなる方が居るようです。

特に手のひらに乗せて握ると、汗で体内に侵入して痒くなるとか。

チョコレート

チョコレートには比較的アレルギー症状が起こりやすいニッケルが含まれています。

それがアレルギー症状につながると言われているんですね。

コーヒー

実はコーヒーにもニッケルが含まれています。

なので危険だと言えるでしょう。

サプリメント

鉄分や銅などは危険なのでは?と思われますが問題はないようです。

ただサプリメントの中には酸化チタンと呼ばれるのが含まれている。

酸化○○は実は金属アレルギーの症状を引き起こすことがあるのでダメらしい。

そういった成分が含まれていないか確認しよう。

まとめ

以上が金属アレルギーの症状と原因、注意したほうがいい物でした。

金属アレルギーの方は金属を長時間触れているとダメです。

数秒触る程度なら意外と問題ないみたい。

様々な場所や物に金属はあるので、注意して生活しましょう。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    銀アレルギーです。 金やプラチナは身に付けても大丈夫でしょうか?温泉は、いい温泉とダメな温泉ありますか?

  2. 管理人 より:

    銀アレルギーなので金属系は全てダメだと思います。プラチナは問題ありませんが指輪などの部分に金属を使われている可能性もありますし、純度100%のプラチナは柔らかいので固める為にパラジウムを使用している可能性があるため使わないほうが良いかも…。

    温泉に関してですが調べてみると「酸性泉」のは浴用効果として金属アレルギーに効果があるみたいですが強い酸性のため「かぶれる」方もいます。あと確実にそうだとは言い切れないのですが「塩化物泉・硫酸塩泉・含鉄泉」は金属アレルギーの方だとかぶれることはあるみたいです。

    金属アレルギー対応のジュエリーってのもあるみたいなのでそちらも参考に!
    詳細ページ→https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201709215966/