乳アレルギーの症状と原因!注意するべき食品とは?

牛乳や乳製品を摂取することでアレルギー症状が引き起こる

乳アレルギー。

どんな症状があり、原因は何なのか?

また注意するべき食品についてもご紹介!

乳アレルギーの症状

乳アレルギーにはどういった症状があるのか?

いくつかご紹介しましょう。

じんましん・湿疹

皮膚が赤く、かゆくなることがある。

そして中にはアトピーを発症することもあるようです。

下痢・嘔吐

消化器官にもアレルギー症状を引き起こします。

嘔吐や下痢を引き起こし、場合によっては血便を起こす。

呼吸困難

呼吸器官にもアレルギー症状を起こすため、呼吸困難になることも。

また喘鳴(ぜんめい)といって「ぜいぜい」と呼吸する度に音が鳴る症状も見られる。

乳アレルギーの原因

乳アレルギーは「タンパク質が原因」だと言われています。

その中でもカゼインというタンパク質が一番大きいと言われている。

つまり乳製品でもタンパク質が含まれていなければ、問題ないとも言われています。

乳タンパク質が体内に入り抗体IgEが作られると、再度乳タンパク質が侵入するとそれを敵だと思い攻撃してしまう働きがあります。おもにそれがアレルギーというもので、タンパク質を原因物質と判断するかしないかは人による。

抗体が戦っている時は体にアレルギー反応が起こります。

これは「風邪の時に熱を上げ免疫力を高める」のと似たような仕組みです。

なのでアレルギーが起こる人と起こらない人がいます。

乳アレルギーの注意するべき食品

乳アレルギーだと食べられる物と食べられないのがあります。

ではどういった食品が危険なのか日ご紹介します。

また全てはご紹介しきれないのでご了承ください。

牛乳

牛乳はそのまま乳製品なのでアウト。

まぁ当たり前ですが、気を付けないといけませんね。

練乳

練乳も乳製品なので危険。

摂取しないようにしよう。

母乳

実は母乳には乳成分が含まれていて、タンパク質が含有されていることがある。

もし赤ちゃんが乳アレルギーだった場合はアレルギー症状を引き起こすかも知れない。

乳酸菌飲料

乳酸菌飲料は乳成分を含む場合がある。

また乳酸菌自体は全く問題ありません!乳たんぱく質に注意が必要です。

パン

パンには酵母(イースト菌)が使われています。

実は乳製品が含まれていることがある!

また天然酵母とドライイーストの2種類あって、天然なら問題ないっていう体質の方もいる。

ヨーグルト

ヨーグルトは乳清(ホエイ)という
プロテインなどにも使われるタンパク質が含まれています。

またヨーグルト自体にもタンパク質が含まれているので控えるべきでしょう。

バター

バターも当然乳製品。

摂取は控えてください。

チーズ

チーズも乳製品なので、摂取は控えるべき。

学校でも最近チーズの提供を無くしている所は増えているとか?

ビール

ビールには「ビール酵母」というのが含まれている。

ビール酵母は先程も申した通り、乳成分が含まれていることが有り危険。

乳アレルギーでも大丈夫な食品

乳アレルギーでも摂取しても問題ないというのはある。

その食品についていくつかピックアップします。

豆乳

豆乳は大豆から出来ているので問題ない。

ただ中には乳製品を混ぜている物もあるのでしっかりと見て選ぼう。

植物性乳酸菌

乳酸菌自体は「乳」という文字が書かれているだ問題ない。

ただ乳酸菌飲料はNGです!

乳成分が含まれない、乳酸菌なら問題はない。

まとめ

乳アレルギーとは、乳成分(タンパク質)が原因物質です。

なのでそれの摂取をしないようにすれば全く問題はない。

様々なアレルギー症状が見られるので注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする