小麦アレルギーの症状と原因!注意するべき食品とは?

シェアする

小麦アレルギーは食物アレルギーの中でも三番目に多いと言われています。

日本人の1割の人が何らかのアレルギーを持っていると言われていて、その中でも10%が食物アレルギーなんだそうです。

その食物アレルギーの中で約8%の人が小麦アレルギーを持っている。

約0.1%くらいですが、言っても1万人程が小麦アレルギーって計算です。

小麦アレルギーの症状

小麦アレルギーは小麦を摂取することで症状を引き起こします。

では、一体どんな症状が見られるのでしょうか?

蕁麻疹・湿疹

蕁麻疹や湿疹が起こり、皮膚が痒く赤くなる。

またアレルギー性という事もありながらアトピーにも繋がりやすい。

下痢・腹痛

消化器官にもアレルギー症状は起こります。

腹痛を起こし、下痢や嘔吐を引き起こす危険性がある。

呼吸困難

小麦アレルギーは呼吸器官にも影響します。

なので喘息のような呼吸困難を引き起こすと言われている。

ぜいぜいしたり、咳が止まらなくなる症状がある。

小麦アレルギーの原因

小麦アレルギーって何が原因なのか?

食物アレルギーは必ずしも子供の時に起こるわけではなく、大人になってから発症するケースもあると言われています。

主な原因は「小麦のたんぱく質」なんだそうです。

小麦アレルギーは、体内にIgE抗体というタンパク質が原因で引き起こると言われていて小麦の摂取によってIgE抗体が作られると小麦アレルギーが引き起こる。

なので一種の体質のようなものなので、何かをしたから小麦アレルギーが引き起こったのではなく単純にそういう体質だったと捉えるのが良い。

小麦アレルギーが注意するべき食品

小麦アレルギーは当然小麦が使われている食品はNGです。

では、どういった食品が危険なのかご紹介します。

また全部は紹介できれないので、ここに無いので危険な食べ物はあります。

ラーメン

ラーメンやうどんなどの麺類は危険だといえるでしょう。

当然小麦が原料なので、アレルギー症状を引き起こします。

またそばも9割そばの場合残り1割は小麦なのでダメです。

十割そば以外はダメだと言われていますが、十割でも絶対に安全とは言い切れません。

パン

パンは小麦や卵を使って作ります。

なのでパン類は基本的には避けるべき。

お好み焼き

生地には小麦粉が使われているのでダメ。

またソースにも小麦が使われているのでやっぱりダメ!

粉物は絶対に避けるべきでしょう。

天ぷら

天ぷらや唐揚げなどの揚げ物は衣が小麦なのでダメです。

小麦アレルギーの方は注意しよう。

お菓子

お菓子には、小麦粉が使われている商品も多いです。

なのでお菓子全般に注意を働かせることが必要。

ビール

ビールは、麦でできているのでアレルギー症状を引き起こす可能性が!

なので飲まないようにすることが大事。

グラノーラ

グラノーラは麦なのでダメですね。

他にも大麦やオーツまい、ライ麦など「麦」が付くのは摂取しないように。

小麦アレルギーの人が実は摂取して良いもの

小麦アレルギーの方で麦が使われている食品でも問題ないのがあります。

それをいくつかご紹介しようと思います。

醤油

醤油は小麦が原料ですが、小麦のたんぱく質は含まれていないので問題ないそうです。

なので小麦アレルギーでも醤油に気をつける必要なないみたい!

麦茶

麦茶にはそれほど麦のタンパク質が無いので問題ないよう。

ただ大麦のアレルギーの人は飲み過ぎると引き起こす危険性は有り。

100%安心というわけでもないみたい。

まとめ

小麦アレルギーは、麦のタンパク質がアレルギー症状を引き起こす原因です。

なので麦が含まれていてもタンパク質の含有率がつくなければ問題ないとか!

なので麦が含まれる食品でも食べられることがあるので一度調べてみるといいかもね!

また免疫力を高めることで将来、治る可能性もあると言われています!

免疫力は常に高めておきましょうー!

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク