頭に出来物が!?もしかしてそれ「頭皮ニキビ」かもしれませんよ!

顔や背中に出来るニキビ…。

実は頭皮にも出現することがあるということを知っていますか?

頭皮にきびの原因やオススメのシャンプーのヘアケアもご紹介!

頭皮にニキビが出来る原因

頭皮にニキビができる原因はお肌と何ら変わりはありません。

頭皮の毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が増殖して炎症を起こしているのが理由です。

なので毛穴の皮脂をしっかりと落としてあげて、地肌を清潔にするのが大事!

ですが他にも頭皮ニキビにつながる原因はいくつかあったみたいです。

湯船に浸かっていない

頭皮の毛穴も湯船にしっかりと浸かる事で開きます。

なのでシャワーだけの人は毛穴が開いていないのでシャンプーをしても十分に皮脂を洗い落とせていない可能性があります。

出来れば10分以上湯船に入る事で毛穴が開き、汗と共にある程度の皮脂は落ちます。

なので今日から是非!湯船にしっかり入る生活するのをお勧めします。

シャンプーの洗い残し

もしシャンプーの洗い残しがあると、炎症の原因になったり痒みの原因のもなります。

そしてニキビの原因にもなるのでシャンプーを洗い残すのはよくありません。

しっかりと気持ち多めに髪を洗いましょうー。

トリートメントやコンディショナーを頭皮に使っている

トリートメントやコンディショナーとは髪の毛に使うものです。

地肌・頭皮に使うものではありません!

毛穴に入ると炎症の原因になったりする可能性があるので、頭皮は触らず毛穴につけるだけにしましょうー。

頭皮ニキビを予防するシャンプーの仕方

頭皮ニキビの治し方をご紹介します。

その方法とは「シャンプーの仕方」にあります。

またシャンプーだけではなく、その前とその後も結構大切です!

では正しい入浴方法についてご紹介しましょう。

①髪の毛をブラッシングする

入浴前に髪の毛をブラッシングするといいみたいです。

この時「櫛(クシ)」ではなく「クッションブラシ」を使いましょう。

幅広い毛穴にダメージの少ないクッションブラシは梳かすと髪の毛のゴミも落ちるし、頭皮の皮脂が髪の毛にコーティングされてサラサラになります。そうするとシャンプー時の泡立ちやすいし、入浴中毛穴から皮脂も出やすいので結構メリットが大きい!

まず入浴前にブラッシングするクセを付けるといいでしょう。

②シャワーで頭を洗う

シャワーで頭を洗うことで髪の毛は水分を吸い、頭皮がサウナ状態になります。

そうすると通常より短い時間で毛穴は開くし髪の毛の水分が汗と共に落ち詰まっている皮脂も落ちやすいというメリットがあるようです。

なのでまず体を頭を軽くシャワーで流しましょうー。

③10分以上は入浴する

湯船で10分以上入浴することで毛穴をしっかり開かせることが出来ます。

毛穴から汗が出てある程度の皮脂も落ちるためこの段階でも結構予防になる!

私はこの湯船に浸かるのが一番重要なところだと思っています!!

④手の腹で頭皮をマッサージする

一番大事なのは手の腹で頭皮をマッサージすることです。

頭皮をしっかりとマッサージすることで毛穴の皮脂を落とすことが出来ます。

また血流もよくなり抜け毛などの防止にもなる。

⑤タオルドライで拭き取る

タオルドライとはタオルで髪の毛を拭くことをそう呼びます。

髪の水分の80%くらい拭き取る気持ちで行いましょう。

そうすることでドライヤーの時間を短縮することができます。

ドライヤーっていうのは実は熱が強く、長時間行うと髪の毛がヤケドすると言われています。

なのでタオルドライである程度の水分を拭き取ろうー!

⑥ドライヤーでしっかりとブローする

ドライヤーは出来るだけ早く済ますのが定石。

熱伝統率を考えて、頭皮を先に乾かすのが一番良い。

頭皮にしっかり熱を与え乾かし、毛先に沿ってブローしてあげましょう。

またドライヤーを使う前にヘアオイルを使って頂くと髪へのダメージを減らせますよ!

あとヘアアイロンは濡れた髪に使うと痛むので絶対にやめましょう。ドライヤーをしないで濡れたまま自然乾燥させるのもよくないし、そのまま寝るのはもっとダメ!

95%くらいの気持ちで乾かすのが良いと思います。

乾かしすぎも良くないので~。

頭皮ニキビがひどい場合は皮膚科へ!

頭皮にきびがどこ触っても感覚がある!

それくらい悪化してしまった場合はまず皮膚科へ行く事をおすすめします。

皮膚科なら当然詳しいですし、対応してくれます。

頭皮ニキビはシャンプーがまず大事ですが
治らないようなら皮膚科に行くことはもっと大事ですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする