うどんをよく食べる人は高血圧になりにくい?

シェアする

高血圧が少ないラインキングみたいなのがあって見てみると

なんと「香川県」が一番低かったそうです!

香川県といえばうどんですのでうどんが関係しているのでは?という見方が。

ではそれは本当なのか?ご紹介しましょう。

うどんは高血圧に良いのか?

うどん自体は高血圧に特に関係していません。

また塩分も基本的は無いので高血圧になりにくい食材だと言えるでしょう。

ただ注意すべき点がいくつかあります。

それは「」です!
うどんの汁に多くの塩分が使われている可能性があり、それが血圧を上げる原因になります。

でも香川県は一番低いのは何故か?

その理由「いりこで出汁を取っているから」なんだそうです。

いりことは、煮干より大きい魚で美味しい出汁が取れます。

なので塩分を全く使わずともうまい汁が作れてしまうのです。

そんなイリコダシのみで頂く香川県は高血圧患者が少ないと言えるでしょう。

ただ香川県は糖尿病患者は多い

香川県は糖尿病ランキングで5位です。

その理由は小麦粉を多く使っている「うどん」を食べているからです。

小麦粉は7割以上が糖分なので糖尿病になりやすいですね。

また消化吸収されやすいこともあって、結構血糖値が上がりやすい食材。

なのでうどん国の香川県は糖尿病の方が多いんですね。

生卵だけの玉うどんがオススメ!

生卵だけを使った玉うどんなら高血圧には良いでしょう。

しかし糖尿病になりやすいので、そちらは注意がいります。

醤油やめんつゆなどを使わなければ、塩分の心配はありません!

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク