高血圧の人がコーヒーを飲んでも全く問題なかった!

血圧が高い人がコーヒーを飲むのは危険だと言われてきました。

これはカフェインが血管に作用する体と考えられてきました。

しかし色々な研究によってコーヒーは
血圧を上げることがなければ、逆に下げるということがわかったのです!

つまり高血圧の人はむしろコーヒーを飲むべきだったのです!

コーヒーは血圧を下げる?

アメリカの研究(看護師健康調査)でコーヒーを飲んでも高血圧のリスクはさほど変わらず、逆に1日4杯以上飲んでいる人は危険性が減るという報告がありました。

つまり飲んだほうが良いってことですね!

ただアメリカの研究で
日本の研究じゃないので日本人に当てはまるかどうかは定かではない。

また看護師健康調査はカフェインと血圧上昇の関係も否定しています。

逆にポリフェノールやカリウムが含まれているので下げる効果が高いと言えるでしょう。

しかし砂糖は糖尿病に繋がるかも?

コーヒーには砂糖やミルクを使うことが多いでしょう。

ミルクに関してはそこまで健康に悪いわけじゃありませんが、砂糖は糖分なので血糖値を上げて糖尿病につながる恐れがあります。

といってもコーラ等に比べれば少ない方なので他の部分で気をつければ問題はない。

しかし佐藤の使いすぎは危険なので、1杯辺り角砂糖1つを目安にしましょう。

妊娠高血圧の場合は飲んじゃダメ?

妊婦さんはカフェインの摂取を禁じられています。

なので飲んではいけないのか?

私の考えだと飲まないほうが良いですが、1日1~2杯程度なら問題はない。

実はいろんな研究でコーヒーは
1日1杯程度なら胎児や母体にそれほど影響を与えないことがわかりました。

なので飲み過ぎなければ問題はない!
と言っても絶対100%ってわけじゃないので止めれるなら止めた方がいい。

高血圧予防にはコーヒーよりもお茶の方が良い?

高血圧にコーヒーが良いことがわかりましたが色々と調べてみると「コーヒーよりもお茶の方が効果がある」という書き込みがありました。

なので色々と調べてみるとお茶にはこんな効果がありました!

アンジオテンシンの生成を阻害する

血圧の上昇にはアンジオテシンが関係していることが分かっています。

こちらの物質は実はお茶に含まれるカテキンを摂取することで生成を阻害出来ます。

なのでお茶には血圧上昇を防ぐことが出来るってことですね。

抗酸化作用がある

カテキンとはポリフェノールの一種なので抗酸化作用がある。

ビタミンEの10倍と言われていて、動脈硬化や血管の老化を防ぎます。

抗酸化作用には血管を若々しくする事で柔軟性を高めて血圧をコントロールします!

なので高血圧に良いと言えますね。

高血圧に良いからってコーヒーの飲み過ぎはダメですよ

コーヒーは高血圧に良いです。

しかし飲み過ぎはよくありません。

気分が悪くなったりするので、飲んでも5杯かな~。

自分は3杯以上で気持ち悪くなるけどね。

↓血圧が気になる人にオススメのお茶があります。

大正製薬の血圧が高めの方の健康緑茶を買ってみた!
あの有名な大正製薬さんの高血圧対策に良い緑茶を買ってみました! 粉末タイプで血圧を下げる効果があるそうです。 では詳しくレビューしてみましょうか。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする