糖尿病で食後に眠気が起きる理由とは?

食後に何故かくる眠気…。

これは誰にでも起こることだと言われていますが
糖尿病の方は普通の方よりも起こりやすいと言われているのを知っていますか?

それは高血糖と低血糖が関係しています!

では食後になぜ眠気が起こるのか?なかなか治まらないのか?その理由をご紹介!

糖尿病と眠気の関係

食後に眠気が起こるのは「血糖値が上昇している」からです。

血糖値が低い所から急に上がると人は眠気を感じるため食後は眠いと言われています。しかし通常はその血糖値もインスリンというホルモンによって下がるため収まると言われていますが糖尿病の方はインスリンを上手く分泌することが出来ないため上がった状態が続くと言われています。

なので糖尿病人は普通の方よりも眠気が長く続くと言われているんですね~。

でも糖尿病の人は血液中の糖分を尿として排出するため血糖値を下げることが出来ます。なので眠気が収まると思いきや今度は「低血糖」による眠気が襲います。この眠気が一番危険だと言われていて意識が遠のくのような眠気だそうです。

つまり糖尿病の方は「高血糖による眠気」が起き、その後「低血糖による眠気」が起こるので普通の人よりも長い眠気が続いてしまうので食後長時間悩まされるという事です!

もしお腹が空くような感覚の眠気の場合は低血糖による眠気だそうです!

眠気が起きた場合はどうすればいい?

糖尿病の眠気には「高血糖」と「低血糖」の2種類がありますね!

この2つは対処法がそれぞれ違います。

高血糖の場合

糖質の摂取よって血糖値が
急に上がるのが理由なので血糖値の急上昇を防ぐのが一番の対策ですよ。

その為にはある事を行うといいです!

それは「野菜を先に食べる」ことです。

野菜には食物繊維が含まれていて食物繊維には糖質の吸収をゆっくりにするため血糖値の上昇も穏やかになると言われています。

なので先に野菜を食べるのがいいと言われていますね!

あと一番いいのは野菜の後にお肉やお魚を食べることです!脂質には炭水化物の吸収を抑える働きがあるので「野菜→肉魚→白米」という順番で食べると血糖値は上がりにくい!

なのでこれからは食べる順番に気を使いましょうー。

低血糖の場合

低血糖の眠気は多尿により血中の糖分が失われて脳に栄養が言っていないのが眠気に繋がっていると言われています。

なので「糖分を摂る」と簡単に解決しますよ!

もちろん本当は糖尿病の人は糖質を摂取しないほうがいいのですが、眠気を抑えるには糖分を少し摂ると低血糖による眠気は治まります。

尿が続き、そのあと眠気が来る人は殆どの確率で低血糖による眠気なので気をつけましょう!

ちなみにオススメの方法は
「ジュースを200ml」飲むだけで解消されるのでオススメですよ!

と言っても本当は糖尿病を治すとこのような事は起きないんですけどね~(笑)

糖尿病は病院で治しましょう

糖尿病は病院で治す必要があります。

軽度な物だと食事療法や運動療法などで
下げる努力をされますが、悪化すればインスリン療法を行う必要があります。

インスリン療法とは、注射でインスリンを体の外から補う方法です。

これならインスリンによる血糖値の低下が見込めるし
インスリンを分泌する膵臓の機能も良くなる可能性はなくはないです!

もし食後の眠気がひどい場合は
糖尿病がひどくなっている可能性があるので病院に受診することを勧めます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 糖尿病で食後に眠気が起きる理由とは? – 心身健康 2017年5月5日 … 食後に何故かくる眠気…。これは誰にでも起こることだと言われていますが糖尿病の方 は普通の方よりも起こりやすいと言われているのを知っていますか?それは高血糖と低 血糖が関係しています!では食後になぜ眠気が起こるのか?(続きを読む) […]