妊娠糖尿病の原因と症状!対策って何かある?

妊娠によって糖尿病になることがあるのを知っていますか?

その妊娠糖尿病の原因と症状についてご紹介!

一体どんな対策があるのかご存知でしょうか?

妊娠糖尿病の原因とは

妊娠するとナゼ血糖値が上がってしまうのか?

通常血糖値が上がるとインスリンというホルモンが血糖値を下げます。

しかしおなかの中に赤ちゃんがいるためそちらにもエネルギーを送ってあげないといけません。なので人一倍糖分を使うことがわかります。

そして妊娠することで出来る胎盤というのがあって、そこにはインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されるようです。

つまり血糖値が下がりづらいということがわかりますね!

なので血糖値が高いままなので、糖尿病になっていると言えるでしょう。

また以下の人が妊娠糖尿病になりやすいので注意!

  • 家族に糖尿病患者がいる
  • 肥満体質
  • 高齢出産
  • 既に糖尿病

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病になると症状として喉が書きやすい、頻尿になるなどがあります。

ただ妊娠時にこのような症状が顕獲れることがあるので糖尿病と断定はできません。

また胎児や母体に影響があると言われています。

それは「流産や早産」や「巨大児や奇形児」などがあるそうです。

また新生児に糖尿病が発症してしまう子もある…。

なので意外と妊娠糖尿病とは怖い症状が隠されている。

妊娠糖尿病の対策

妊娠糖尿病になったら糖質を摂取しすぎないことが一番です。

実際に病院でも食事療法や運動療法などが試されます。

炭水化物の摂取を少なくして、軽い運動を行う。

これが一番の妊娠糖尿病対策です!

妊娠前の糖尿病は糖尿病合併妊娠と言います

実は妊娠中だけ糖尿病になるとも限らないのです。

妊娠前に糖尿病を発症することもあります。

まぁ実際には普通の糖尿病と診断されて
後で妊娠が分かるとこのように再判断される様です。

なのでいきなり糖尿病になった!と思ったら妊娠した!という事がある。

産後も糖尿病が治らないことはあるのか?

出産をすると胎盤が無くなっていくのでインスリンを抑えるホルモンの分泌も治まると言われています。

なので基本的には問題ないと言われているのですが、一度糖尿病になった人は再発しやすいというデータが有り、これは妊娠糖尿病にも当てはまります。

実際に妊娠糖尿病の人は産後に
通常よりも7倍高く糖尿病になりやすいことが分かっています!

なので産後が全く安心かというとそうでもない。

糖尿病はバランスの良い食事と運動が一番の薬!

糖尿病にならないためには健康的な食生活と適度な運動がベスト。

和食をイメージした食事に、1日30分以上の有酸素運動を行いましょう。

もちろん糖尿病は遺伝や自己免疫の異常など避けられない可能性もあります。

しかし出来るだけ発症しないように心がけるのは大切でしょうー。