白衣高血圧症の原因とは何か?克服法もご紹介!

白衣高血圧症というのを知っていますか?

これは白衣(はくい)を見ると、血圧が上がってしまうという意味だと思われます。

実は病院で検査する時だけ高血圧になる人がいるそうです。

その原因は一体何なのか?また克服法はあるのか?

白衣高血圧とは

白衣高血圧とは、家などで測ると正常な数値なのに病院で医師や看護婦の前で測ると血圧が高くなってしまい高血圧と診断されるのを白衣高血圧や白衣現象と言います。

医師の前だと血圧上がってしまうため、病院でしか検査しない人によっては高血圧と診断されて降下剤を投与される場合がある。

もちろん家の中では普通なのでそんな人に降下剤を使えば下がり過ぎるため様々な副作用が起こる危険性がありますね。

基本白衣高血圧の場合は合併症がないのなら、治療の必要は殆どない。

白衣高血圧症の原因

白衣高血圧症の原因は「ストレス・緊張」にあります。

血圧が大きく左右するのは自律神経だと言われています。

特に交感神経が活発になると血圧が上昇すると言われています。ストレスや緊張は交感神経を刺激するので血圧が高くなるのは容易に想像出来ますね。

つまり病院で医師の前で検査すると
緊張してしまって血圧が上がっているのが原因ってことですね~。

また「緊張しないようにしよう」と思えば思う程、逆に交感神経は刺激されてしまうので他の方法で貴重を時リラックスするしかありません。

病院で動機がは激しくなる人で測ると高血圧な人は白衣高血圧なのかも?

白衣高血圧なのに降下剤を服用するのは危険!

降下剤とは血圧を下げるお薬です。

しかし白衣高血圧は普段の血圧は問題ないため
降下剤を飲むと血圧が下がりすぎて場合によっては低血圧になる可能性があります。

低血圧になるとめまいや立ちくらみ、貧血などを起こす可能性がある。

なので実は白衣高血圧は、勘違いしたままだと意外と危険なんです!

家で測れるのなら家で一度測るのがいいかと!

白衣高血圧の克服法は呼吸法にある!

白衣高血圧症を治す方法があります。

それは呼吸法です!

白衣高血圧症の克服に良い呼吸法をご紹介します。

腹式呼吸

腹式呼吸が交感神経を落ち着かせるのにオススメ!

肺呼吸だとどうしても交感神経が高くなってしまう。

なので血圧を測る時だけでいいので腹式呼吸を行いましょう。

吐くのを意識する

実は吸うと交感神経が働き、吐くと副交感神経が働きます。

つまり血圧を測る時だけ吐くのを多くするように意識しましょう。

そうすることで正常な血圧の数値を測ることが出来ます。

妊娠高血圧症の人も注意が必要!

実は妊娠中や出産後に高血圧になる、妊娠高血圧というのがある。

もちろんこちらも基本的には病院で測ると思いますので白衣高血圧の可能性は高いですね。

妊娠高血圧についてはこちらの記事をご覧下さい!

妊娠高血圧症候群の原因と症状!予防法もご紹介!
妊娠中に何らかの原因によって高血圧が起こる事を妊娠高血圧症候群と言います。昔は妊娠中毒症・妊娠高血圧腎症と言われていました。なぜ高血圧が起こるのか? その原因と症状、そして予防法をご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする