グルテンフリーのメリットとデメリットを見よう!

シェアする

グルテンフリーとは麦や穀物から取れるタンパク質の一種である「グルテン」を一切摂取しない食事療法です。

これにより様々なメリットを得ることが出来ますが、同時にデメリットもあります。

ではグルテンフリーよるメリットとデメリットをご紹介しましょう。

グルテンフリーのメリット

グルテンを摂取しないことによって得られる事をご紹介します。

腸の炎症防止

グルテンアレルギー(グルテン過敏症)というのがあります。

これはグルテンを摂取することで症状で現れて、疲労感や胃痛などが現れる。

つまりこの症状を予防できるということはメリットですね!

しかし日本人全体の約15%しかいないため全員にメリットがあるとも言えないのも確か。

またセリアック病という日本人の0.7%の人が当てはまるグルテンによって、腸内に炎症が起こる病気もあります。

あなたももしかするとグルテン過敏症・セリアック病かもしれませんよ?

ダイエット効果

グルテンを摂取しないことで以下の効果が得られます。

  • 血糖値の上昇を防ぐ
  • 食欲を抑える
  • 腸内フローラを整える

グルテンには血糖値を上げる働きがあるためそれを防ぐことが出来れば、糖が脂肪になりにくいと言えますので太りにくいと言える。

またグルテンには食欲増進の作用もあるので、それを防ぎ食べ過ぎを予防。

そして腸内フローラを整えて痩せやすい体質に変えてる効果も望めます。

集中力・記憶力アップ

グルテンを摂取すると集中力や記憶力が低下することが分かっています。

つまりグルテンフリーにすることでいつもより集中力と記憶力を高めることが出来ますね!

ちなみにグルテンを摂ることで
脳機能が低下することを「グルテン過敏末端神経障害」と言うようです。

ただこちらも日本人全体の10~15%にしか当てはまりません。

美肌効果

グルテンを摂取するとお肌が黄色くなると言われている。

これは「糖化」という現象で肌を黄ばみさせてくすませる現象。

これは体内の糖質とたんぱく質が合わさることで起こる現象なのでグルテンフリーにすることで防ぐことが出来ると言えますね!

美肌の為にもグルテンの摂取は抑えたほうがいい。

精神病の予防

グルテンを摂取すると精神疾患を起こしやすい事がわかった。

うつ病や統合失調症はグルテンを摂取すると悪化すると言われています。

実際に精神疾患を持っている人はグルテンの摂取を控えられる。

グルテンフリーのデメリット

グルテンフリーのデメリットは簡単に言えばメリットの逆ですね。

しかしそれ以外にもあるようですよ!

ではどんな危険や注意点があるのかご紹介しましょう。

健康に悪い

グルテンを普通に抜こうとすると麦や穀物を抜く事になります。

つまりそれは健康に悪いということが言えますね!

麦や穀物は大事ですから~。

まぁグルテンを抜いた「グルテンフリー食品」はあるのでそちらを買えば問題はないのですが、グルテンはタンパク質で健康に悪いわけじゃないです。

出費がかかる

グルテンフリー食品は通常よりも高く販売されています。

2倍以上は覚悟しておいたほうが良い。

つまり食費がかかってしまうのでこれはしょうがないですね。

グルテン過敏症はある意味アレルギーのようなものなので、出費覚悟で買うこと!

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク