コンタクトレンズで処方箋なしって危険なの?

シェアする

コンタクトレンズで処方箋なしって聞きますよね。

あれってどういう意味か知っていますか?

人によっては合法だ!違法だ!という人もいるみたいです。

ではコンタクトレンズの処方箋なしの意味をご紹介します。

処方箋(しょほうせん)とは何?

処方箋とは、病院などの医療機関の診察を受けて医師が処方するのを処方箋と言います。

種類や量や用法をしっかりと記載された文書をそう呼ぶようです。

つまり処方箋なしとは医師や医療機関と関わりなく販売されているという事なのでちょっと安心安全とは言えないかも知れませんね。

ではコンタクトレンズの処方箋なしでも問題ないのか?

コンタクトレンズが処方箋なしでも大丈夫な理由

コンタクトレンズは処方箋なしでも問題ありません。

その理由は「医薬品じゃない」のと「法的規制が無いから」だと言われている。

つまり法律に触れるような商品じゃないし、ましてや医薬品じゃないので通販などで普通に誰でも買うことが出来るということですね!

目に入れるものなので医療機関が関わっていないと危険な気もしますが、まぁピアスも勝手に開けても問題ないのでまぁそれと同じと言えると思います。

コンタクトレンズで処方箋なしのデメリットってある?

処方箋がないので自分で度数や種類を選ばなくてはいけません。

コンタクトレンズは意外と種類が豊富なので自分に合っている、合っていない等があるためなかなか難しいと言われています。

また使い続けるタイプのコンタクトレンズの場合はしっかりと管理をしないと目の病気を発症する原因になるためかなり危険。

使い捨てタイプでも誤った使い方をすれば、失明を起こすリスクはある。

安全なコンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズを安心安全に使うには選び方が重要。

とりあえず確認しておくべきポイントをご紹介します。

薬事法承認番号が有無

コンタクトレンズは高度管理医療機器で国が管理しています。

そして許可が下りた商品には薬事法承認番号というのが割り振られているのです。この番号がしっかりと書いていない商品は安全とは言えないでしょう。

海外製品や有名じゃないメーカーの商品は安いけどぬるいので気をつけましょう。

BC(ベースカーブ)が合っている物を選ぶ

ベースカーブとは「曲がり具合」の事を言います。

つまり大きければ外れやすく、小さければキツいと言えますね。

人によって違うため一度検査で確認するのが良いと思います。

度数があっている物を選ぶ

コンタクトレンズはメガネの代わりのようなものなのでしっかりと合っていないと目が疲れる原因になったり、場合によっては頭痛などを引き起こします。

なので一度視力を正しく測ることが必要だと思います。

また1年後には変わっている事もあるので定期的な検査が望ましい。

度数などが分からない場合は一度眼科への検査を!

まず購入にわたって自分の度数が分からなければどうにもなりません。

なので眼科で調べてもらうのがいいと思います。

といっても全ての眼科で検査ができるかどうかまでは保証できませんので、近くの眼科で検査が出来るかどうかを調べるのが良いと思います。

インターネットでも確認できるでしょうし、お電話でも聞けると思います!

適当に行うのは一番危険な行為なので絶対に眼科への受診を!

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク