セルライトが出来てしまう原因は脂肪と血行不良にあり!

セルライトってなんで出来てしまうんでしょうね?

セルライトは太ももやお腹などに発生するボコボコしたもの。

これって実は脂肪の塊だって知ってました?
そしてこれを発生させている原因は血行不良かも!?

セルライトって脂肪なの?

セルライトとは、脂肪や老廃物の塊だと言われています。

その2つが溜まってしまうような生活をしていることが原因だと言われていますね。

では、どういった行いがいけないのか?詳しくご紹介します。

セルライトができる原因

セルライトは脂肪と老廃物が原因。

これらは以下の理由があげられる。

食生活の乱れ

食生活が悪いとセルライトが出来ると言われています。

これは脂っこい食事をしていたり、糖質が多いものを食べているからだと言われています。

当然脂っこいものは脂肪になりますし
糖はエネルギーになりますが余ってしまえば体内で脂肪として蓄えられます。

なので基礎代謝を高めて脂肪を燃やしながらダイエットするしかありませんね!ちなみに食事源のような方法はセルライト改善としてはあまり良くありません。セルライトは脂肪なので燃焼しながら痩せる必要があります。

それでおすすめなのは「ビタミンB群」だと思う。ダイエットに良いビタミンだと言われていてビタミンB1は糖質をエネルギー代謝して、ビタミンB2は脂肪をエネルギー代謝するので。

あと老廃物が溜まるのも原因なのでデトックスしてあげるのも大事でしょう。デトックスの9割以上は「便と尿」です。なので便秘解消や利尿作用のある食べ物や飲み物を摂取するのが一番良いと私は思います。

運動不足

運動不足は健康に悪いし、セルライトの原因になるでしょう。

とくに有酸素運動を行うのが良いと言われています。有酸素運動とは歩いたり走ったりする運動の事で心拍数を高めて体内の血液の巡りを良くして新しい酸素を定期的に入れ替えられるすごく良い方法ですね!

脂肪燃焼効果は筋トレよりも走る運動のほうがいいと言われています。これは「速筋」と「遅筋」というのが関係していています。

有酸素運動は遅筋が鍛えられるため持久力が付いて脚が細くなると言われている!実際にマラソン選手って足が細いですよね!これは遅筋を優先的に鍛えているため!

喫煙と飲酒

タバコやお酒ってやっぱり良くないです…。

タバコにはニコチンやタールっていうのが含まれています。これは俗に言う有害物質というもので肺を壊すのはこれが原因。そして血管も同時にボロボロにすると言われているので結構も悪くなる。

なのでタバコを吸うのは普通に良くないと思う。

またお酒も悪いです!
アルコールは血行促進などの効果があると言われているので少量ならむしろ良い事の方が多いと言われていますが、アルコールは肝臓で分解されます。

ちなみに老廃物も肝臓で分解されるのです。だからアルコール分解で肝臓を弱らせてしまうと肝機能が落ちてしまうのでセルライトにつながるということです…。

血行不良

血行不良はセルライトの原因になります。

その理由は血流と代謝が関係しているからです!

実は人の体温が1度高まると14%基礎代謝が高まるそうです。

セルライトは脂肪の塊なのでそれがより多く燃焼されるのは改善として良いですね!

また血行が促進されれば老廃物の流れも良くなります。

また発汗作用も促しますね!老廃物は汗からも出るので!

睡眠不足

睡眠が不足しているとダメみたいです。

睡眠中でも人は成長ホルモンを分泌して脂肪を燃焼していると言われています。

それに人が一番汗をかくのは寝ているときなので老廃物も出にくいと言えるでしょう。

老化現象

人は老化すると筋力が落ちて、たるみます。

また代謝も落ちるので

セルライトの原因になっていると十分考えられるでしょう。

ストレス

ストレスが溜まると睡眠不足につながるし

自律神経が乱れて、血流が悪くなる原因になる。

セルライトはストレスからも引き起こる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする