白髪が生える理由は遺伝以外に15個もあります

白髪はなぜ生えるのか知っていますか?

基本的には遺伝と言われていますが、実は遺伝以外も15個程あるみたいですよ!

また生える場所や位置によって原因がわかるとも言われている!

ただ遺伝以外で一番大きな要因になっているのはストレスなので、おすすめの改善方法もご紹介しているのでご参考に!

白髪は生える理由の殆どは遺伝

白髪はどうやって予防しても避けられない可能性が高いと言われています。

その理由は「遺伝性の高さ」です。

白髪は遺伝しやすいため、親が若いうちに生えてしまうとその子も早く生えてしまうことが多いく、いくら食生活や環境を変えても意味が無いみたいです。

通常白髪は30代頃に生え始めると言われていて
目立ち出すのは40代頃からが一般的でしょう。

しかし今ではストレス社会っていうのもあり若い時から生える「若白髪」っていうのもある。

これは遺伝の可能性が高いが、現代ではストレスで起こる事もある。

遺伝の場合は改善しづらいが、ストレスの場合それを発散できれば新しく黒い髪の毛が生えてくることもあるため、まだ大丈夫だと言われています。

しかし一度白髪になった髪が段々黒くなっていくことはないので、ヘアカラーで染めてから黒髪が生えるのを待つしかない…。

白髪は遺伝で生えやすいが、絶対ではないです。
若白髪はなんとか解決出来る可能性がありますが、30代以降の白髪を治すのは厳しいと言われています。なので白髪を治す方法って実はないと言われているんですね。

若白髪は他の病気によって起こることもありうる

若白髪が起こる理由は他の病気って可能性もあります。

その病気は以下が考えられる。

  • 貧血
  • 不眠症
  • 血行不良
  • 栄養失調
  • ストレス
  • 甲状腺の疾患
  • 尋常性白斑
  • フォークト・小柳・原田病

病気って言えないものも含まれていますが、考えられる原因はこれでしょう。

髪の毛の色って毛母細胞の中のメラノサイトというのが黒い色素を作っていると言われていて、その機能が落ちることによって黒い色素がだんだん作られなくなってきて髪の毛の色が白くなっていくと言われています。

その理由が「貧血・不眠・栄養失調」ってことです。

貧血・不眠・栄養失調

髪に栄養を送るのは血液なので不足すれば髪の健康は悪くなりますね。

睡眠不足は肌だけではなく髪や頭皮にも影響を与えます。

髪に良い栄養が食事で摂れてないとダメですね。

なのでとりあえず日頃から意識して出来る事はこちらの3つを予防することです。

また「甲状腺疾患・尋常性白斑・フォークト・小柳・原田病」とい病気でも髪が白くなる場合がある。

甲状腺疾患・尋常性白斑・フォークト・小柳・原田病

甲状腺に異常があるとホルモンバランスの乱れで白髪が起こることがある。

尋常性白斑によって皮膚が脱色しその周りの髪の毛の色も落ちる。

フォークト・小柳・原田病は髪の色素細胞が破壊される病気なので色素が作られなくなる。

これらは予防は難しく
日頃健康に気を遣うくらいしかないのが現実でしょう…。

白髪の原因は生える場所や位置でわかる?

白髪の生える所は必ずしも頭頂部ではありません。

実はそれ以外にもあって、生える場所や位置で原因がわかると言われています。

ではその一部をご紹介しましょう。

  • 頭頂部……胃
  • 頭頂部左…肝臓
  • 頭頂部右…腎臓
  • 前頭部……大腸
  • 後頭部……生殖器
  • つむじ……肺や心臓
  • こめかみ…目
  • 耳近く……歯

白髪が生える理由って結構いっぱいありますね

白髪が生えるのは遺伝だけではありません。

それ以外にもストレスや病気なども考えられます。

また生える位置や場所で原因も
わかることがあるので、参考としてどうぞ!

また白髪で病院に行く時は「皮膚科」だと言われいますよ!

それで皮膚に異常がない時は体質や髪質を改善するために「漢方外来」がオススメされている。ただあくまで漢方であって薬ではないため治らない場合もある。

貧血や血行不良を改善して、ストレスフリーで生き、健康的な食事と運動、良質な睡眠を行うのが白髪改善に一番いいと言われています!

ストレス発散なら「涙活」っていうのが一番リラックス法としておすすめです!

あと白髪を抜くとどうなるか知っておくと良い!

白髪を抜くと毛根がどうなるのか知ってますか?
白髪って目立つから抜きたくなります。しかしそれは実はやってはいけないことだって知ってましたか?白髪を抜くとどうなるか?それは毛根が死んで新しい髪の毛が生えなくなると言われているんです!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする