集中力が続かないのはなぜ?持続するためにはどうすればいい?

集中したいけど続かないってことはありませんか?

人の集中力は少しの事で簡単に低下してしまうといわれています。

なのでそれを持続するためにおすすめの方法もご紹介しますよ!

では集中力が続かない人の原因とおすすめの集中法をご紹介します!

集中力が続かない理由は?

集中力とは、脳がしっかりと働いているのが条件で

体に異常がない時が一番続きやすいですね!

では続かない原因についてご紹介します。

脳が酸欠

脳が酸欠状態になると、うまく働かない場合ばあります。

人の脳や体は酸素が循環しているのでちゃんと働いてると言われている。

また逆に届いていないと集中力が低下すると言われています。

脳に酸素を送るのは「血液」でので貧血の場合も同じことが言えるので血行と貧血改善をしてみると良いかもしれませんね!

エネルギー不足・食べ過ぎ

エネルギーが不足していると集中力は続かないです。

主に「糖分(ブドウ糖)」が大事で脳のエネルギー源は基本的にはブドウ糖なのでしっかりと補ってあげる事が大事ですね。

炭水化物や甘いものを食べれば、ブドウ糖は摂取できるので集中したい時は摂ると良いかも!

しかし摂りすぎると血糖値が上がり
それを下げようとするインスリンというホルモンが分泌される。
インスリンが多くなると人は眠くなると言われています。

なのでエネルギー補給だからといって、食べ過ぎるのも良くない。

睡眠不足・寝すぎ

睡眠が足りていないと物事に集中できません…。

なので睡眠不足は集中力が続かない原因だと言われている。

人の理想の睡眠時間は年代によって少し違うのですが「7時間」だと言われている。なので1日それくらい寝れるようにしておきましょうー!

また寝すぎは逆にダメだと言われていて
脳機能がしっかりと動かないので集中できない理由になると言われている。

うつ病

うつ病などの精神疾患は集中力が続かないのは代表的な症状の一つです。

他にも意欲が低下する、全てがめんどくさくなる等の症状もある。

憂鬱、思考力、意欲などが低下しているなと思った場合は既にうつ状態である可能性はかなり高いと言われています。

自律神経の乱れ

自律神経とは、交感神経副交感神経の2つの事を言います。

集中しているときは交感神経が優位に立っていて、落ち着いているときは副交感神経が優位になっているのですが、自律神経が乱れると交感神経と副交感神経が働いて欲しい時に働かないので集中力が続かないやリラックス出来ないなどが起こります。

自律神経というのは結構大変な神経ですよ!

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDというのをご存知でしょうか?

発達障害アスペルガー症候群などの事をADDやADHD等と呼びます。

一つの事に集中が続かない事や逆に一つの事にしか興味を持てないなどの症状があります。

計画を立てていない・多すぎる

あなたは計画を立てていますか?

もし「出来る所まで」などと考えているならそれは駐留力が続かない原因です。

人はゴールがあるから走っていける訳であって、目標がなければ続かないものです。

なので計画を立てて
1日にこれくらいしよう!などとしっかりと考えておくと集中出来ていいと思います!

しかし多すぎると逆効果です!
多すぎるとそれを早く片付けようと言う風に考えてしまいます。

そうすると一つ一つが適当になってしまい
あまりいい結果を生まない可能性があります。

なのでむしろ少ない目標の方が
質の良い結果に繋がるため結果が出るまでは少なく計画を立てましょうー!

特に危機感がないから

現時点で危機感や緊張感などが無いと集中力が続かないと言われています。

これを「やらないと死ぬ」くらいでないと
人は限界を出さないと言われているからです。

あえて自分を追い詰めると良いかもしれませんが、追い詰めすぎるのはよくない。

リラックスできる場所にいる

リラックスできる空間だと良くないです。

誰かに見られているくらいの、集中出来る場所でないと意外とサボってしまう。

なので周りにほかの人がいる環境は良いでしょう。

それも知らない人の方が良いので
カフェで作業するっていうのは理にかなっているのかも知れませんねー。

集中力を持続するためにオススメの方法

集中力を持続させるにはある方法がおすすめです!

その方法をご紹介します。

1日3つまでの計画にする

人が達成できる計画は3つまでにした方がいいと言われています。

それ以上はあまり成功しないし、持続もしなくなる。

もちろんそれ以上出来る人は居ますが、最初は3つまでにしよう!

仮眠は最高のリセット法

仮眠っていうのはイライラや集中出来ない時の最高の解消法だと言われています。

仮眠といっても10分~30分くらいの短いものです。

それくらい寝るのが集中力を回復させ、持続するためにはいいと言われている!

脳に少し刺激を常に与えておく

脳っていうのは何も考えていない方が使っていると言われています。

なので無音の空間ですると中々難しいので
適度に脳に刺激を与えた方が楽に集中力を持続できるみたい!

その方法は結構簡単で「音楽をかける」などでも十分イイ!
耳から脳に少し刺激を与えてあげると集中しやすいと思います!

マッサージチェアに座りながら読書すると集中しやすいのも同じ理屈だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする