トイレを我慢すると病気になり1ヶ月入院生活するハメになる?

トイレを我慢することはダメだと言われています。

なんと膀胱炎などの病気を発症して、最悪の場合1ヶ月抗生物質を飲み安静にするという生活を強いられる場合があります。

死に至る事は考えにくいですが、かなり怖い羽目に会う可能性がありますよ!

なのでトイレを我慢するとどうなるか?を少しお話します。

トイレを我慢するとどんな病気になる?

トイレを我慢すると様々な病気を発症する可能性があります。

ではどのような病気が考えられるのか?

いくつかピックアップしてみましょうー。

膀胱炎

膀胱炎の原因は主に「糖尿病」か「尿道に細菌が繁殖した」かのどちらかだと言われて、膀胱に炎症が起こる事をそう呼びます。

症状としては排尿痛・残尿感・頻尿・血尿などが挙げられる。

糖尿病の場合は血糖値を下げるなどの処置が行われますが、尿道に細菌が住みついて引き起こった場合は初期の場合は自然治癒を行い、重度の場合は抗生物質などを使い対策を打ちます。

しかし基本的には自然に治す形になるのですが
排尿痛が起こり結構辛いので避けたい病気です…。

腎臓疾患

体の中の悪いものは腎臓で処理されて、その後尿へと変わります。

なのでトイレを我慢すると腎臓の機能を悪くしてしまう事に繋がると言われています。

そうなれば「腎臓病」や「腎盂腎炎」を発症する可能性がある。

腎臓病とは、腎臓の働きが悪くなる病気でタンパク質を含んだ尿が出たり血尿が出たりする場合が有り、他にも腎機能が悪くなる事によるむくみや高血圧なども考えられる。

腎盂腎炎とは、腎臓から尿までの道に感染症が起きる病気で主に炎症が起こる。

尿は腎臓で作られているので、腎臓の心配も出るんですね~。

尿毒症

トイレを我慢すれば腎不全など腎臓が悪くなります。

腎臓が悪くなる事によって起こる症状が尿毒症です。

最初はだるい・体調不良などから始まり、最悪の場合は死亡する危険性もある。

トイレを我慢すると色んな症状が出る

トイレは我慢すると病気の前にこんな症状が出ると思います。

もしかしたら当てはまってるのではないでしょうか?

頭痛

頭痛が起きる理由は「腎臓の機能が落ちているのを知らせている」そうです。

おしっこをすると腎臓を悪くするので
それが本格的に起こっていると考えていいでしょう。

なので結構ヤバイ症状だと言える。

腹痛

お腹が痛くなることはありませんか?

胃痛などそう言った症状の場合は
小さい方では無くて大きい方が溜まっているのかもしれませんね。

つまり便秘の症状ってこと!

冷や汗

トイレを我慢すると汗が出ることがあります。

これは尿が一度体内に戻り巡っているからだと言われている。

なのでその汗はある意味尿だとも言えます。尿で出さないから汗で出そうとしているのです!

吐き気

おしっこを我慢すると吐き気がするのは尿が逆流していると考えられます。

それが吐き気となり現れているのかも?

太る

尿の回数が少ない人は体内に水分が溜まっていると考えられる。

なので、それによってむくみが発生して太ると考えられます。

しかしトイレを我慢するとこんなメリットも!

トイレを我慢するのはいけないことです!

なので早く排尿・排便は行うといいのは間違いないのですが
実はメリットと言える効果もあったのです!

それは「集中力判断力がアップする」というものです。

どうやら医学的にも分かってきて、我慢すると冷静になり判断力などが上がると言われている。

実際トイレをしたくなっている時は頭が良く回る!

排尿とは実はすごく大事なこと!

排尿には、膀胱や尿道にある細菌を洗い流すという役割も果たしているため実は大事な行為なのです!なのでトイレを我慢すると細菌が増殖するため色々な病気を発症する。

トイレっていうのは実はものすごく大事なことなんですよ!

実際に4時間に1回のペースで行くのが一番理想だと言われている。

睡眠時間を省けば「1日4回位」がベスト!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする