女性ホルモンには12個の効果と9個の増やし方があった!

女性ホルモンとは、男性女性どちらも持っていて
主に女性らしい要因になっていると言われています。

そして女性ホルモンには嬉しい効果があります!

なのでその効果と増やし方、副作用についてご紹介したいと思います!

あと減らさないために必要な事もお話しようかなと思う。

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があってそれぞれは別の役割があります。

女性らしさ・妊活・自律神経に関係しているのがエストロゲン、妊娠や美肌などに関係しているのはプロゲステロンだと言われている!

なので欲しい効果にあったものを増やすのが良いのですが、偏りが発生すると副作用が現れてしまうためそこは気を付ける必要があるでしょう。

女性ホルモンの効果

女性ホルモンには様々な効果があります!

なんと12個もあったのでご紹介します。

美肌効果

お肌を美しくする効果があります!

実際に生理前後って肌荒れが起きることってありませんか?あれは整理によって女性ホルモンが乱れているために起こる現象だそうです。

なので少なくなれば乱れる、普通なら正常、多く摂れば美肌になれます!

冷え性改善

プロゲステロンには基礎体温を高める効果があります。

逆にエストロゲンには下げる働きがあります。

なので冷え性を改善するにはプロゲステロンを増やすと効果的だと言われていますね!

むくみ解消

むくみの原因は主に「足のうっ血」と「塩分の取りすぎ」が挙げられます。

なので塩分を控えるのと血行を促進することが大事だと言われています!

そしてプロゲステロンには体温を上げる、つまり血行促進効果があるので血液の流れがよくなり、むくみが解消する!

バストアップ

女性ホルモンにはバストアップの効果があります。これはエストロゲン・プロゲステロン両方に良い作用を持っている!

エストロゲンには女性らしい体つきにする働きがあるためラインなどの整形に有効で、プロゲステロンには乳腺を発達させる働きがあるため単純な増大効果があります!

なのでバストアップには不可欠だと言えるでしょう!

気怠さを取る

だるいのは自律神経が乱れているからかも知れませんね!

そしてエストロゲンには、自律神経を整えるためだるいなどの体調不良を直してくれると言われている!

あと更年期の可能性も疑ってみよう!

自律神経を整える

自律神経が乱れると、火照ったり逆に寒気がしたりします。

なのでそんな諸症状を治すためには女性ホルモンを増やす事が大事!

中でもエストロゲンがその働きをする。

ストレスを緩和

イライラなどは女性ホルモンの現象が疑わられます。

実際に生理前とかってイラつきませんか?これはPMS(月経前症候群)とも言うのですが、生理前に女性ホルモンの分泌が減り低下することによって起こる症状。

なので怒りっぽくなるのはもしかすると女性ホルモンの現象かも知れないので、増やすことでいらいらを抑えましょう!

生理痛や周期を整える

生理痛や生理周期を整えるには女性ホルモンがおすすめ!

そういった周期や痛みをちゃんと良くするにはエストロゲンとプロゲステロンのバランスが大事なので両方を調節するといい!

更年期・更年期障害の改善

更年期っていうのは年齢によって女性ホルモンが低下していく事が原因で起こる症状の事で火照りや冷え性やイライラなどが挙げられます。

女性ホルモンだけが原因じゃないので、出来れば病院で検査してもらうのが一番良いのですが基本的に低下によって起こります。

骨粗しょう症を予防

エストロゲンには、カルシウムの吸収率を高める働きがある。

なので骨を丈夫にするので、骨粗しょう症を予防し改善すると言える!

骨の健康にも女性ホルモンは欠かせない!

不眠症を治す

熟睡出来ないのはプロゲステロンが多く分泌されるからかも?

もし生理前が眠れないって人は注意が必要です。実は生理前が一番プロゲステロンが多く分泌され体温を高めるという効果がある。

人は体温が下がることで眠りに入る…。しかし体温が高いままだと眠れない為不眠につながるのです。しかし逆にエストロゲンを増やす事で体温を下げる事が出来、不眠症を改善することができると言われています!

乳がんを予防する

女性ホルモンは乳がんを悪化させると言われています。

しかし2つとも悪化するわけではなく主にエストロゲンが原因だと言われています!

なのでエストロゲンを減らし、プロゲステロンを増やす事で乳がんを予防することができる!

女性ホルモンの増やし方

女性ホルモンはどうやったら増えるのでしょうか?

おすすめの増やす方法をご紹介しようと思う。

恋愛

実は恋をするだけで女性ホルモンは増える。

なのでどんどん恋愛するのが実は一番の女性ホルモンの増やし方!

また営み自体にも女性ホルモンを増やす働きがあります。

食べ物

女性ホルモンを増やす食べ物はどんなものが挙げられるのでしょうか?

おすすめなのは「ザクロ・豆乳」ですね!

実はザクロにはエストロゲンという成分自体が含まれてるため単純に増やすきっかけになります。なのでザクロを摂取するのはエストロゲンを増やすのには効果的!

しかしエストロゲンは増えると乳がんの原因にもなる…。ではその心配がある場合はどうすればいいのか?そんな時は大豆商品を摂取することがおすすめ!

なので豆乳を飲みましょう。豆乳は大豆食品なので大豆イソフラボンという栄養素が含有しています。実は大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンの代わりをする役割があるため効果的なんです!

しかもエストロゲンではないので乳がんの原因の心配はないのに、エストロゲンと同じ効果があるのでデメリットはないのにメリットはあるという最強の成分!

なのでオススメは大豆製品を食事に取り入れるといいと思うな~。

サプリ

サプリメントには色々あるみたい!

そこでオススメなのは「エクオール」という商品!

エクオールとは大豆イソフラボンの事なんですがちょっと違います!どこが違うかというのは大豆イソフラボンが女性ホルモンの代わりになる仕組み(メカニズム)を知るとわかるかも!

大豆イソフラボンは腸の中で発酵する事で初めて女性ホルモンの代わりをする!なので腸内フローラが良い人じゃないと実は大豆食品をいっぱい摂ってもあまり意味がない。

なのでそういった人は最初からエクオール(発酵イソフラボン)を摂ることで解決します!

例えば普段便秘気味って人はエクオールのサプリを摂取した方が良いかも知れない。

あとマルチビタミンや亜鉛サプリも良いってよく聞きます。

漢方

いろいろ漢方で女性ホルモンにいい作用を持つものはあるみたい。

そこでおすすめなのは「マカ」ですね!

男性だけの物だと思いがちですが意外と効果があるんですよ!

マカには女性ホルモンの分泌を促進し、植物エストロゲンというエストロゲンに似た働きをする栄養素も含まれている!なのでマカは良いと言われるのです!

ツボ

女性ホルモンに効くツボがあるので2つご紹介します。

そのツボとは「壇中(だんちゅう)」と「渕腋(えんえき)」というツボ。

壇中とは、乳首のちょうど真ん中にあるツボをここを押すことで分泌を活性化させる。

渕腋とは、乳首から外側に10cm離れたところにあるツボでちょうど脇の下にある。

この2つを刺激する事で女性ホルモンを良くします!

マッサージ

マッサージは女性ホルモンの増やし方としていいと言われています!

これは血行促進とリラックス効果の2つが分泌を活性化するためだとか!

ほかの人にさらわれているだけでも良いらしく、もし異性だった場合はより分泌が盛んになるそうです。

アロマ

精油やエッセンシャルオイルとも言うのですが、アロマオイルなどは効果があります!

人はストレスで女性ホルモンが低下することもあるためそれを解消するためにもアロマの香りは有効なので是非とも一つの増やし方として取り入れてください!

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、ホルモンバランスを整える働きがあります。

そして、エストロゲンに似た働きもすることが分かっています

その2つの作用が女性ホルモンにイイと言えます。

注射

ホルモン注射っていうのがあるのをはご存知でしょうか?

女性ホルモンは女性っぽくしてくれます。なので体質などからなかなか難しい人は注射で手っ取り早く女性っぽくすることができます!

これは更年期や不妊治療などにも使われている。

しかし副作用も必ずないわけじゃないから医師のお話をよく聞こう。

女性ホルモンは男性と女性で効果が違う?

女性が女性ホルモンを増やすのはわかります。

しかい男性が増やすとどうなるのか?
どうやら美肌になり、ちょっと女の子っぽい顔になるそうです。

なので女子っぽい男子は、女性ホルモンが多いからだそうです。

しかし増やしすぎると胸が発達するなど、女体化が進む事があるので注意!

女性ホルモンを減らさないようにするには?

女性ホルモンを減らさないようにするには「増やす方法」を定期的に行うしかないと思う。

なので増やし方を先ほどご紹介したので、どれか一つでいいので実践しましょう。

それで女性ホルモンを現状維持するような形を取るのがベストかな。

女性ホルモンを増やしすぎると副作用は起きる?

女性ホルモンで増やしすぎると副作用があります。

それは「エストロゲン」が増える時が一番ヤバイと言います。

それは「乳がんのリスク増大」と「太る可能性がある」です。

エストロゲンが増えると乳がんの確率が増えるため、プロゲステロンか大豆イソフラボンを摂るのが予防には良いと言いましたね。

そしてプロゲステロンは基礎代謝を高めるのですが、エストロゲンは代謝を下げる働きがあるので太る事につながる可能性がある。

またエストロゲンはお肌に良いのですが、逆に皮脂を多くする原因になりニキビやアトピーの悪化につながる危険性もある…。しかしニキビを改善する場合もあるので何とも言えない…。

なのでエストロゲンの増やしすぎは良くない。

あとワキガが酷くなるという話も…?

まとめ

女性ホルモンとはエストロゲンとプロゲステロン
2つで成り立っていて両方とも別の効果があるため使い分ける必要がありそうですね!

あと9つの増やし方もご紹介したので参考にしてくれると幸いです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする