寝ても寝ても眠いし起きたら頭痛が起きるのを解消するには

寝ても寝ても眠い…。

そして起きたら頭痛が起きる…。

そんなお悩みの原因と解消方法にすいてご紹介したいと思います!

寝ても寝ても眠いし頭痛が起きる理由は?

寝ても寝ても眠い理由と寝すぎで頭痛が起きる原因についてご紹介します。

その二つを解消してあげるのが一番の解決策です。

寝ても寝ても眠い理由

寝ても寝ても眠いのには理由があるみたいですよ!

その理由はいくつかあるのでご紹介したいと思います。

まず一つ目の理由としては「睡眠の質が悪い」ことです。睡眠の質が低下すると浅い睡眠の時間が増え、しっかりと熟睡出来ていない可能性があります。

そしてもう一つの理由は「寝すぎている」ことです!これは過眠症とも言うのですが、眠気は普通の方よりも多く出過ぎてしまう病気です。ストレスなどが原因で起こると言われているため何か心の悩みがあるのではないでしょうか?

寝すぎて頭痛が起きる理由

寝すぎた頭痛って滅茶苦茶痛いと思います…。あれは「偏頭痛」と「緊張型頭痛」が両方同時に起きているからだと言われています!

偏頭痛とは、血管の周りのまとわりついている神経が、血管の拡張によって圧迫されて起こる神経痛だと言われています。

緊張型頭痛とは、睡眠中首や肩が動かない事によってコリが発生してその周りの神経が圧迫されることによって起こる神経痛だと言われています。

この2つの頭痛が同時に起きるので寝すぎると人は頭痛を起こすと言われています。

あと緊張型頭痛は枕やベットが合っていない可能性もあります。

寝ても寝ても眠いを改善し頭痛を予防するには?

寝ても寝ても眠いのは睡眠の質を上げ、朝の目覚めを良くすれば治ります!

そしてそうすれば寝すぎることもなく、頭痛も改善するでしょう。

ではどういった方法が良いのか?

涙活を行う

涙活とは、感動や悲しみなどの感情の涙の事を言います。実はリラックス効果があり泣いた後に寝る事で熟睡できると言われています。

なので寝ても寝ても眠いのなら、涙活をして睡眠の質を高めましょう!

涙を流すと睡眠と同等のリラックス効果を得ることができる
皆さん泣くという行為はしていますか? 実は涙を流すとリラックス効果がありストレス解消・発散することが出来るんですよ! これは「涙活」といって睡眠と同じくらいのリラックス効果があると言われています。 ではその効果について詳しくご紹介しようと思います!

光目覚まし時計を使う

光目覚まし時計とは、通常音の目覚まし時計だと思いますが今は光で起こしてくれる商品があります。こちらは朝日以上の光の強さがあるため脳から目覚める事が出来るのでスッキリ起床できます!

起きたけど物凄く眠い…。そういった事はなくなると思う。

絶対に起きれる光目覚まし時計が凄かった!
みなさんはどんな目覚まし時計を使っていますか? 携帯のアラーム?お店で買った目覚まし時計? その目覚し時計でみなさんは快...

サプリメントで快眠

サプリメントで改善する方法もおすすめです!

睡眠に効く栄養素を配合した物なら結構効くと思いますよ!実際にレビューを見た感じ皆さんと同じような悩みを持った方もいて、実際に効果ありというのも多かった!

なのでそういった商品を飲んでみるのもいいかもしれませんね!

おすすめは「グリシン3000」っていうのがいいと思う。

なかなか治らないなら病院へ

色々な方法を試してみても改善の兆しがないという方は病院へ受診することをお勧めします。

やはり医師の方が詳しいし、一番良い解決策を持っています。

なので「心療内科」や「神経内科」などが一般的だと思う。

あと「睡眠クリニック」っていう専門病院もあるのでオススメです。

治らないのを悩むのでは無く、医師へ相談する事も大事ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする