ささくれが出来るのは親不孝が原因って言われるのはなんで?

シェアする

ささくれには親不孝という意味があるみたいです。

なぜその様な事が言われるのか?理由をご紹介!

それが分かればささくれの由来が分かるかも!?

ささくれが親不孝だと言われる理由は?

ささくれはなぜ親不孝という意味があると言われているのでしょうか?

どうやらそれは3つの言い伝えが原因みたいです。

好き嫌いしたから

ささくれの本当の原因は栄養不足です!なので好き嫌いするとささくれができやすいと言われています。なのでせっかく作ってくれた食事を食べないのは親不孝なのでささくれが出来たという意味だと言われています。

しかし本当の理由は栄養が偏っていることですけどね(笑)

親に心配かけるから

ささくれが出来たのは「親に心配をかけたから」という意味があると言われています。

まぁこれは「体に傷を付ける=親不孝」で正直無理矢理感が強いですけどね…。

また親がささくれができるのも親不孝の意味を表していると言われています。これは家事を頑張っている、つまり一人で働かせて手伝ってあげていないのは親不孝だ!というのが理由があるみたい。

そしれ「ささくれる」というのは尖った感情や気持ちの事を言うみたいなので、反抗期それに当てはまりますね。まぁこれは迷信ですが、そういった意味があるというのは覚えておいていいかもしれませんね。

洗い物を手伝わないため

洗い物を手伝わないというのは親不孝で
手が乾燥してささくれが出来たという意味があると言われています。

しかし洗い物をした方が手は乾燥しやすいのでどちらかというと逆ですね。

手伝えば自分に出来、手伝わなければ親が出来るという
結局親不孝の意味を持ってしまうという結果になってしまいましたね。

ささくれと親不孝っていうのは別に関係ないんですね

ささくれが出来ると親不孝だ!とかって言わましたがそんなのはただの迷信です。

まぁそういう古い言い伝え程度に思っておきましょう。

栄養不足や乾燥によって出来るので
好き嫌いしないで、爪先を保湿することをおすすめします!

シェアする

スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介していています!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク