アーモンドが便秘解消に良い理由は3つの栄養素にあった!

アーモンドが便秘解消に良い事を知っていますか?

アーモンドにはある3つの栄養素が含まれていて
それにより便秘解消すると言われています。
あとただ食べるだけでは最大限効果を発揮できないのである食べ方をしなくてはいけません。

では、その食べ方と共にご紹介しましょう。

アーモンドが便秘解消にいい理由

アーモンドを食べると便秘が治ると言われています。

それってなんででしょう?

実はある栄養素に理由がありました!

食物繊維

食物繊維には、水分を保持する役割があるため便の水分量を増やすと言われています。基本的に便秘な理由って「便が硬い」か「大腸の働きが弱い」かの2つです!

「大腸の働き」に関しては善玉菌を増やす事で解決すると言われていて、食物繊維は善玉菌のエサになるので効果的だと言えます。

そして「便が硬い」のも食物繊維の
水分を保持するチカラによって柔らかくすることが出来ます!

なので食物繊維が便秘に良い事がわかります!

ただアーモンドに含まれる食物繊維は水溶性よりも不溶性食物繊維の方が多いと言われています。その割合は以下の通りです。

水溶性食物繊維 不溶性食物繊維
1 18

水溶性食物繊維とは、善玉菌の餌になります。

不溶性食物繊維とは、水分を保持する力になる。

不飽和脂肪酸

アーモンドにはオレイン酸リノレン酸があります。

これらには大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を
活発にするという効果があるため便秘解消に有効だと言われています。

よくオリーブオイルなどが有名ですが
アーモンドにもしっかりと含まれているんですね~。

便秘解消するためのアーモンドの食べ方!

便秘を解消するためには、アーモンドの食べ方にも注意しなくてはいけません。

普通に食べても効果がないわけじゃありませんが
ある食べ方をする事で便秘解消の効能を倍増する事が出来るんです!

では、その方法とは一体どんな?

水分も一緒に摂ろう!

なんと「水分を一緒に摂るだけ」です!

先ほど食物繊維が含まれているから便秘解消にいいと言われていました。これは食物繊維が水分を保持する性質があるからですね。

しかし保持する水分がなくては意味がないと言えます!
なので一緒に水分も摂取してあげることが大事です!

アーモンドを食べる時は飲み物を飲もう1

1日に25粒を上限に食べる

1日に何粒食べれば良いのか?ですよね。

アーモンドは1日に25粒食べるのがベストだと言われています!アーモンドは1粒1gです。そして1日に25g摂取するのが最適だと言われているのでちょうど25粒が良い!

もしアーモンドを食べるときは25粒食べましょうね!

アーモンドで便秘になるという噂が?

アーモンドは便秘解消に良いです。

しかし、場合によって悪化する可能性があると言われています!

その理由は「食べ過ぎ」です。

食べ過ぎると便秘になるのは大腸の働きの仕組みにありました!

大腸は「消化・吸収・排泄」という順で行っている。それでアーモンドは実は消化されづらい食べ物だと言われいるんですね。なのでずっと消化が続くと言えます。

実は消化をしている間は排泄は行われないので、便秘になるということです。ずっと排泄されない大便は宿便って言うみたいですよ。

なので大切なことは消化と吸収を早く終わらせる事です!
そうしないとずっと排泄が進まないので!

便秘を解消するにはアーモンドを食べ過ぎないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする