カラオケで使える!ためになる低い声の出し方とは?

シェアする

カラオケで低い声が出ない…。そういった悩みで低い歌は歌わないようにしていませんか?実は出し方を知ってある程度練習すれば低い声は出るんですよー!

ではどうすれば低音は出るようになるのか?

カラオケで使える低い声の出し方をご紹介しますー!

低い声の出し方とは?

低い声はどうやれば出せるのか?

それは、男性と女性で違いました!

男性のポイント

男性は声が低いと魅力的だと言われていて、仕事面で得するとも言われていますね。また説得力や深みが増すと言われています。

男性が低い声を出すには、ちょっとした意識で出すことができます。

姿勢を正す

低い声を出そうとすると自然と頭が下の方へ向いてしまいます。ですがこれはあまりよろしくないです!実は下を向いても声が低く出ることはなく、むしろ低い声が出ない原因になっています。

なので姿勢はまっすぐ、背筋を正しましょうー!体制は変えずに歌うのが大事!

喉を開く

喉を開く?正直何を言っているのかわからないと思います。喉を開くというのは簡単に言うと「あくび」のイメージです。あくびをすると喉が開くんです!実はこれが正しい歌う時の喉の使い方なんですよ!

なので歌う時は喉を開いて歌わなくては上手く歌えません、普段通りの喉で歌うと声がうまく出せずに壊す原因になってしまいます。なので喉を開く意識を自然とできるようになりましょう。

喉仏を下げる

男性なら喉仏があるでしょう。まぁ女性にも実際にはあって、目立たないだけなんですけどね。そしてこの喉仏を下げることによって声を低くすることができます。男性の声が低いのはこの喉仏にあったのです!

喉仏を触ってみてください!低い声を出そうとしたら喉仏が下に下がりませんか?これが低い声を出せている証拠です!なのでこの低くするのを意識して出来るようになるともっと低い声を出すことができるでしょう!

声を響かせる

低音を安定させるには声を響かせることが大事だったのです!なので響かせるように声を出しましょう。といってもどうすればいいの?って感じですよね…。声を響かせる方法は「声を上に放つ」イメージで出すことです。

実は声っていうのは響くことで遠くに聞こえるものです。特にメガホンなどがその理屈だと言えるでしょう。メガホンを使うと声が遠くに聞こえるのは声がメガホン内で響き合っているからあのように大きな声に変わるのです。なのでそれを口の中で出来れば、低く遠くに声を出すことが出来ます!

その方法は、声を上に出すことなんです!そうすることで口の中でジグザクに響きあって大きな声に聞こえます!そして安定した低音を届けれる事が出来るのです!なので声を響かせて低音を安定しましょうー!

息をしっかり吐く

低い声を出そうとすればするほど、多くの息を吐かないといけません。例えば「あ~あ~」と発音していって、だんだん声を低くしてみてください!だんだん「お~お~」ってなりませんか?これは息が足りない証拠です!

なので低い声であるほど多くの息を使って発音しなくては、ちゃんとした低音は出せませんよ!なので息を吐くように低音を出すように意識しましょうー!

女性のポイント

女性の低い声の出し方はボイトレにあります!なかなか普通にやっても出ないので低い声を出す練習出せる体作りが大事です!

では、実際にどのようにして低い声を出すのか?

腹式呼吸

女性の低い声の出し方でまずして欲しいのが「腹式呼吸」です。呼吸法は普通の人なら肺呼吸で行う方が多いと思います。そして腹式呼吸はお腹を膨らませながら呼吸する方法です!実はこちらのほうが大きな声を出すには向いています。

低い声を出すのに、女性なら腹式呼吸が必要です!腹式呼吸で低い声の出しやすい呼吸を習得しましょう。

ポルタメント

ポルタメントとは低い声のボイトレにおすすめです!低音マックスとも言います。では詳しいやり方についてご紹介しましょう。

  1. 顎を下げて口を開ける
  2. 舌先は下の歯にあたるようにします
  3. あばら骨の下に左手を当てる
  4. そして腹式呼吸で息を吸い、高い声から低い声に下げるように吐く
    この時右手を上下してあげると音程をとりやすい

低い声ほど多くの息を吐く必要があります。なので低くしても息を多く吐くように意識して吐きましょう。そうすることで低音を上手く出すことができますよ!

胸で声を響かせる

胸に手を当てて声を出すと、振動が伝わってくると思います。それは低い声ほど響き渡ると言われていますので、より響く声の出し方を知りましょう。そしてそれに慣れることが出来れば低音をうまく使えるようになります!

自分の低音感を知るには胸に手を当てながら出すことです!

低音の幅が広がると高音の幅の広がります!

低音の幅が広がると高音の幅も広がります!

実はいくら高音の練習しても、高音が出ないのは低音を練習していないからなんだとか!なので低音を出せるようになれば高音も出せるようになるでしょう。

高音を出したいな~って方はこちらの記事を参考にしていただくと良いでしょう。

最近カラオケで高い声が出なくなった…。そういったお悩みはありませんか?それは「声の老化」だと思われます。声も老化しますので、鍛えてあげなくてはいけません。なので高い声を出す方法にはボイストレーニングが良いでしょう。では、高い声を出し方をご紹介しましょう!

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク