養命酒の効果効能!飲酒運転になるってホント?

064bd7b864787bebd45eacef13b7e3e9_s

皆さん養命酒っていうのをご存知でしょうか?女性は7の倍数・男性は8の倍数っていうCMでお馴染みのヤツですね!どうやらその倍数の時に男性も女性も体に変化が現れるそうです。

なのでその倍数にいる方は養命酒を飲むことをおすすめします!では、養命酒の効能をご紹介しましょうー。

養命酒とは

養命酒とは、14種の生薬をつかったお酒です!なので体の生理的な不調を解消してくれる効能があります!

先ほどもご紹介しましたが男性と女性はある倍数で体に変化が現れると言われています。その変化とはこちらです!

女性7歳・男性8歳永久歯

女性14歳・男性16歳初潮・精通

女性21歳・男性24歳体が出来上がる

女性28歳・男性32歳体が最も充実する

女性35歳・男性40歳衰えが見え始める

女性42歳・男性48歳白髪が目立つ

このような変化に対応するためにオススメなのが養命酒なのです!では、実際に養命酒にはどのような効能があるのでしょうか?

養命酒の効果効能

養命酒には、生理的不順に良い効能があると言われています。

それはこのような症状に効くみたいです!

疲労回復

養命酒は、滋養強壮として有効です。

なので1日の疲れは養命酒で癒すと良いでしょう。

寝る前に飲む事をおすすめしますよ!

体を温める

体の冷えに生薬は効きますよ!養命酒に含まれる成分が血行を促進して、体の代謝を高めるそうです!特に女性は基礎代謝が男性よりも低いため、女性の方が冷え性が多いと言われています。

なので養命酒で、手足の先まで冷えてしまう症状を改善しましょう!

胃腸を整える

胃腸の乱れに養命酒はおすすめ。養命酒を食前に飲むことで不調を和らげることが出来ます!また消化機能を高めるので、胃がムカムカしたり、便秘だったりする時にも良いですね!

食欲を促進

食欲がない時は養命酒で改善できます。食欲不振は胃腸に原因があることが多いので、胃腸を改善する効能がある養命酒は非常に合っていると言えるでしょう。

食前に飲むのが一番効きます!

病後の体力回復

病気で体力が低下する事はよくあります。なのでその体力回復をすることも大事です。それでおすすめなのが養命酒です!養命酒を飲むと病気によって弱ってしまった器官や内臓を回復し、良くしてくれます。

虚弱体質・病弱の方にもオススメできると思います!

本来の体に戻すには養命酒で!ただ病後に何らかのお薬をもらっているのなら医師に相談するか、飲むのをやめましょう。

自律神経を整える

自律神経とは、交感神経と副交感神経のことです。なのでその二つのバランスを整っているといいのですが、乱れていると様々な諸症状が現れます。

なので自律神経を整える効能を持つ養命酒はおすすめ!

生理不順を改善

養命酒は、生理を整える働きがあります。なので生理でお悩みの方にも養命酒はおすすめ!そして、生理痛も緩和するとか!

女性のお悩みを解消するチカラが養命酒にはあります。

更年期障害を治す

更年期障害とは、女性ホルモンが減少することによる自律神経の乱れです。なので養命酒は非常に合っていると言えますね!

更年期の方は試されてみてはいかが?

不妊を解消

不妊の改善に養命酒は有効。生薬が血行を促進して妊娠しやすくしてくれる。これは男性んも有効なので夫婦ともに飲んで頂きたいですね!

養命酒で、いいお子さんを!

養命酒はどうやって飲む?

養命酒ってどうやって飲むのか?

タイミングや量はどれくらいなのか?まぁ買った時に書いていますが、未購入の方に向けてお教えしましょう。

養命酒は1回20mlです!これは付属のカップがあるので用意する問題はないです。そしておすすめは食前です!食前に飲むことで効能をより高める事ができます!

また就寝前もおすすめですよ!冷え性でなかなか寝付けないのなら、就寝前に飲むことでそれをだんだん改善することが出来る。

ただ1日3回が目安なので、就寝前なら夕食前に飲まずに就寝前にしましょうー!

あと味はあまりいいものでないですが、栄養ドリンクが飲める方なら飲めるでしょう。

養命酒は飲酒運転になる?

養命酒は飲酒運転になるのか?

どうやら「飲酒運転になる」ようです。

養命酒のアルコール成分は14%です。なのえ結構高いので要注意!しかし量が少ないためどんな方でも30分を過ぎればアルコールは代謝されますのでご安心ください!

体の不調には養命酒!

カラダの不調を感じたら養命酒をおすすめします。

男性は8の倍数・女性は7の倍数です!

その倍数の方にいる方は養命酒を是非使ってみてください!

700ml・1000mlがありますのでお試し下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする