コーヒーは尿酸値を下げるので痛風を予防する効果があった

コーヒーに痛風予防の効果があることを知っていますか?

痛風といえば尿酸値が高くなることで発症する病気です。コーヒーにはその尿酸値を下げる効果があるため痛風を予防改善の効果があるみたいです。

ではどのようにコーヒーを飲むと痛風のリスクを下げられるのでしょうか?

コーヒーで痛風を予防改善する方法は?

コーヒーで痛風はどうやって治すのか?なにか決まりはあるのか?

どうやら詳しい気まりはないみたいです。

ただコーヒーで痛風の予防効果の研究は「コーヒーを1日4杯~5杯飲む事でリスクを4割減らすことが出来るという結果」でした。

なので「5杯も飲まなくてはいけないのか?」ってなりますよね。

1日に4杯~5杯って結構な量ですよね。
基本120mlが1杯という計算なので、480ml~600mlを飲まなくてはいけません。

でも意外とこれってそんなに量ないんですよ!
普通のマグカップなら200ml入りますので、2杯~3杯飲めば充分に達成できます。

なので意外と1日に5杯はそこまで難しくはないです!

スタバならトール(350ml)を2杯・ベンティ(590ml)を1杯飲めば充分に届く量ですよ!

そもそも痛風って何が原因なの?

痛風って何でなるのかご存知ですか?

食生活が偏ると発症しやすいと言われていますが、詳しい原因は意外と知らないのではないでしょうか?

痛風とは尿酸が増えることで起きる

痛風とは、尿酸が増えることにより起きる病気です。

なので痛風になるのは尿酸が増えるような食生活をしたため発症するのです。

でも尿酸ってなんで増えるのか?

尿酸はプリン体によって出来る

尿酸とは、プリン体が肝臓で分解される事によって発生する物質です。

しかしすべてのプリン体が尿酸になるわけではございません。プリン体はエネルギーとしても使われます。例えば運動をする時もプリン体はエネルギーとして使われます。

なので運動をやめたのに、いつも通りの食生活をしていたら痛風になった!っていうのは今まで摂取してきたプリン体はエネルギーに変えていたけど、それが減ったから残った分が尿酸に変わり、それが原因で痛風になったのです。

なので尿酸ができてしまう理由はプリン体の摂り過ぎプリン体を代謝できる量が少ないからです!

痛風を予防する一番の方法とは?

痛風を予防するのに、コーヒーは最適です!

しかしコーヒーだけで予防できるのかというとそうではありません。

ではどうすれば痛風は予防できるのか?

プリン体が多い食べ物や飲み物を摂り過ぎない

プリン体が多い食べ物を食べ過ぎるといけませんね。

ではどういった食べ物に多く含まれるのか?

  • お肉
  • お魚
  • 干物
  • お酒

これらは特に多い食べ物や飲み物です。

お肉や魚ばっかり食べていては痛風になるでしょう。

また干物はプリン体が多いので気をつけましょう。あとお酒もまぁまぁ多いので飲み過ぎは控えることですね。なので干物とお酒はプリン体で考えれば相性は最悪!まぁ飲み過ぎ食べ過ぎたらの話ですけどね。

あとサプリメントにも気をつける必要があります。健康のためと服用していたらプリン体が多くなり痛風になる可能性もあるので!

  • DNA(DHC核酸)
  • RNA
  • クロレラ
  • ビール酵母
  • ローヤルゼリー

プリン体を多く摂取する食生活なのに、この成分を多く含むサプリは控えた方がいいかも。

運動をする

プリン体は運動をすればエネルギーになってくれる成分です。

運動をすればプリン体を多少摂ってしまっても、問題がないですね。

なので運動をしましょう!特に有酸素運動などが一番有効的だそうです。ジョギングやランニングなどが一番プリン体消費には最適です。

もちろん筋トレでも悪くはないですよ。

2Lの水分補給

痛風の予防として水分補給がいいみたいです。

その理由は「尿を多くする」ことにあります。

尿酸とは尿とついているだけあって排尿で尿酸を減らすことができます。

しかし摂り過ぎてはいけません!あくまで2Lを目安に1日の飲む水分量を調節しましょう!

コーヒーの痛風予防は無理して行う必要はありません

コーヒーで痛風の予防効果があることは確認されています。

だからといって無理にとってはいけません。

いつも通りにコーヒーを飲むことをおすすめしますし、飲めない方が無理に飲む必要はありません。プリン体の量を減らし、運動し、水分補給するのが一番おすすめですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする