あくびを止める方法が意外と簡単だった!

あくびをする女性

授業中、勤務中、あくびは出てきそうになりますよね~。

そんな時止めなくちゃ怒られることってありませんか?

そういう所に厳しい先生や上司入るはずです!

なので今回はそのあくびを止める方法をご紹介します!
5つご紹介しますので自分にあった物を選ぶと言いでしょう。

あとまず、あくびって実は悪いものじゃないって知ってました?

あくびは実は悪いことじゃなかった!

よくあくびは、眠いとか集中してないからだとかっていわれますよね…。

でも実はあくびって必ずしも悪いものじゃないんですよ。

あくびっていうのはもちろん眠たくて出るものですが、その眠気を飛ばし集中しよう!と脳が思うからあくびが出るんです!

なので本当は頑張ろうとしている証なのです!だから今まで注意していた人は少し考えてみると良いかもしれませんねー。頑張ってない人はアレですけど頑張っている人には少しのあくびは許してあげるほうがその人のためには良いかもしれませんね。

あくびを止める簡単な5つの方法

あくびは良いものだと入ってもしないほうが良かったり、怒られる環境にある人もいますもんねー。

それで今回はあくびの簡単な止め方をご紹介します!

舌唇をかむ

%e3%81%82%e3%81%8f%e3%81%b3%e3%80%80%e6%ad%a2%e3%82%81%e6%96%b9-2

舌唇と噛むと脳に刺激がいきあくびを止める事ができます。

また噛んでいる時は自然とあくびが出るのも予防できますしねー。

他にも舌を上に出すっていうのもあるらしいですよ。

鼻からゆっくりと息を吸う

%e3%81%82%e3%81%8f%e3%81%b3%e3%80%80%e6%ad%a2%e3%82%81%e6%96%b9-3

鼻からゆっくりと息を吸うのも実は良くて、鼻から息を吸うと脳に酸素が送られます。

基本的にあくびが出るのは脳に酸素が足りない体と言われています。なので鼻から息を吸い酸欠状態の脳を回復してあげましょう。

鼻からのほうが少量の息を吸えて長く吸えるのでオススメです!

ツボを押す

%e3%81%82%e3%81%8f%e3%81%b3%e3%80%80%e6%ad%a2%e3%82%81%e6%96%b9-4

小沢(しょうたく)っていう壺があるみたいです。

小指の爪の側面(外側)にあるツボでここを押すと眠気が飛ぶらしいですよー。

なのであくびが出そうになったらこっそり押しましょう。

歯を噛み合わせる

%e3%81%82%e3%81%8f%e3%81%b3%e3%80%80%e6%ad%a2%e3%82%81%e6%96%b9-5

歯を噛み合わせるのも大事です。

歯を噛み合わせると脳に刺激がいきあくび対策にも良いのですが、歯を噛み合わせていれば口が開くことはないのであくびをしなくなるということですね。

まぁずっと噛んでいるのはキツイのでいい方法とはいえませんけどね。

あくびが出ちゃっら歯を噛んで我慢する様な使い方が良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする