スパゲッティ症候群ってなに?実は怖い言葉だった!

シェアする

0r_yarbez8dfahe1474942248_1474942298

スパゲッティ症候群!名前だけ見ると何だかおかしな名前に見えますが実はかなり怖い言葉なんですよ!これ!

スパゲッティ症候群とは、病気ではなく有る医療行為の事をそう読んでいます。

まるでスパゲッティのような治療をすることからそう呼ばれています。ではスパゲッティ症候群とはどういう治療法なのか?

スパゲッティ症候群とは

スパゲッティ症候群とは、延命などのために様々な管や電線を体に取り付けた状態の事をこう呼びます。しかし患者にとっては逆に辛いことで医療費もバカに出来ないので色々と問題になっている。

日本では出来るだけ先を施し長生きさせようという風に考えるものです、しかしアメリカなどでは尊厳死というのがあって延命治療を断り自然死を選ぶという事をそう呼び法律でも認められていることです。

例えば、ガンとかでも余命を宣告されても1日でも長生きさせようと治療しますよね?でもこの尊厳死とはその治療さえも断るということです。
場合によっては薬物投与によって安楽死を選ぶ方もいるみたいです。

そういうことを尊厳死と呼びます。
ですが日本では例え助からない命でも少しでも長生きさせようというのは当たり前となっていますね。なので本人の意思を尊重し尊厳死させるというのも大切だということです。

日本でも尊厳死を希望する方が多くなっている

wmn0092-001

日本でもどうやら尊厳死を選ぶ人は多いようですよ。

「リビングウィル(LW)」って言うみたいです。

やはり、日本でまだ延命させるという事が正しいという世の中です。

しかし尊厳死という選択も考えて実行し尊重してあげるのが大事なのかもしれません。

必ずしも延命が良いわけではないので。

もし自分がそういった立場になったら?親族がそういった立場になったら?

そういう事を考えていくことは大事だと思いますよ。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク