歯周病で血糖値が上がり糖尿病になるリスクが高まる?

sisyuubyou- (1)

歯周病とは、歯の病気です。そして糖尿病とは血の病気です。

実はこの2つは全く関係ないように見えますが実はものすごく深い関係がある病気なんですよー。

なので今回はその2つ、歯周病と糖尿病の関係とメカニズム!そして治し方をご紹介したいと思います。

歯周病の人!糖尿病の人!放っておくともう片方の病気も発症してしまうかもしれませんよ?

歯周病と糖尿病の関係

歯周病と糖尿病の関係は一体どんななのか?

実は「歯周病の人糖尿病になりやすく」「糖尿病の人歯周病になりやすい」という関係がありました!では一体なぜでしょう?

歯周病だと糖尿病になりやすい?

歯周病だとなぜ糖尿病になりやすいのか?

その理由は「サイトカイン」という物質でした。

サイトカインとは、細菌やウイルスに抵抗しようと分泌される物質です。

しかし、その物質には「インスリンの」働きを抑えてしまう効果があります。

インスリンとは、血糖値を下げる効果のあるホルモンの事です。

なのでインスリンが上手く働かないため、血糖値も下がらないということです!

血糖値は上がっている時は糖分が吸収されやすい状態だとも言えますのでどんどん糖分が吸収されていって、高血糖になり糖尿病になる。ということが言えるんですね。

糖尿病だと歯周病になりやすい?

あと糖尿病だとなぜ歯周病になりやすいのか?

その理由の1つに「口の中が乾燥する」事も原因です。

口の中が乾燥していると菌は増殖しやすいといえます。

また糖尿病の人は「唾液の糖分濃度が高くなる」とも言われています。

つまり唾液の糖分により歯周病が繁殖するということがいえます。

そして糖尿病だと「細菌やウイルスの抵抗力・修復力が弱まり低下する」と言われています。

だから糖尿病だと歯周病になりやすいんです!

歯周病と糖尿病のメカニズム

sisyuubyou- (2)

歯周病と糖尿病はなぜ発症するのでしょうか?

今回は歯周病と糖尿病のメカニズムをご紹介しようと思います。

歯周病のメカニズムとは?

歯周病のメカニズムはこうです。

  1. 歯と歯の間に菌が繁殖します。
  2. その菌が歯垢になり、歯石に変わっていきます。
  3. その後、歯肉に炎症を起こし「歯肉炎」を起こします。
  4. 悪化すると歯肉の中の歯を溶かします。
  5. 歯が溶けると抜けたり、血が出たりすることが有ります。
  6. 歯に菌が溜まり歯を溶かしていくのが歯周病なのです。

これが歯周病のメカニズムです!

糖尿病のメカニズムとは?

糖尿病のメカニズムはこうです。

  1. 人は食事をすると血糖値が上昇します。
  2. この血糖値を下げようとインスリンが分泌されます。
  3. インスリンにより血糖値が下がり正常の数値になります。
  4. しかしインスリンの分泌が遅れたり、分泌量が減ったりすると血糖値が下がらなくなるのです。
  5. そうすると血糖値が上がったままになります。
  6. 空腹時でも血糖値が上がり高血糖になるのが糖尿病なのです。

これが糖尿病のメカニズムですよ~!

歯周病を治すには「ためしてガッテン」で紹介された方法がおすすめ!

sisyuubyou- (3)

ためしてガッテンで歯周病を治すおすすめの方法が特集されました。

その方法とはある3つのことを気をつけ行うこと。

その3つとはこちらです。

磨き方

歯の磨き方は非常に大事!

磨き方で歯周病になるかどうかが決まるといってもいいくらい!

実際に歯を1日2回磨いても歯周病になる人はなる。

その理由は「ゴシゴシ磨き」でした!

ゴシゴシ磨きは歯ブラシを動かすスピードが早過ぎるため歯垢をしっかりと落とせていない可能性が高いです。

また逆に歯の表面の歯垢を歯の隙間に追いやっていて歯石が出来るのをはやめている可能性も考えられます。

なのでおすすめの方法は「クチュクチュ磨き」です!

ゆっくりと押さえつけるように磨いてあげると綺麗に磨けますよ!

タバコ

タバコには様々な有害物質が含まれていて、ニコチンなどの有害物質には歯に細菌を繁殖させる一つの原因になっています。

なので禁煙したら歯周病も予防できますし、健康にも良いですよ!

思い込み

歯周病になる大きな理由の1つに思い込みがあります。

自分はならない!と思い込んでいることで少しのことでは歯医者などに行かず、かなり進行してから歯医者に行き手遅れになってしまうことがあるようです。

なので、すこしおかしいなと思ったら歯科医院に診察しに行くことをおすすめしますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする