あ!爪が割れた!爪が割れる原因とその対処法とは

b3d91c1f04de064e488b3a60f36ce97e_s

爪が割れた事はあるでしょうか?

爪が割れやすいのは女性だと言われています。

ですが、男性ももちろん気をつけたほうが良いですよ。

では何で爪って割れるのでしょうか?

爪が割れたやすい原因と対処法をご紹介しようと思います。

爪が割れやすい原因

爪が割れやすい人はこんな原因があるかも!

その原因とはこちらです!

不摂生な食生活

b41877e5d586b1b557850fd91ad9fe5e

栄養バランスが悪いと爪は割れた水と言われています。

特に大事なのが「たんぱく質」です。

たんぱく質とは三大栄養素のひとつで、体重の1/5はたんぱく質だとも言われています。

血液や筋肉、髪や爪を作るのに必要な栄養素。

なので爪の元を成分なので無ければ爪が作られることはないのです。

なので大事なのは「たんぱく質」ですよ!

後もう一つ大事なのは、ビタミンAです。

ビタミンAは、肌や爪などの健康を保つのに必要な成分。

なので爪が割れやすいのはビタミンA不足だからかもしれません。

たんぱく質とビタミンAこの両方が大事だということですね。

乾燥

c2bf3ccf73c58871a92292066e01a6de_s

乾燥は爪が割れやすい原因でもあります。

乾燥しているものって「バリっと」割れますよね、でも湿っているものは「フニャっと」なります。

なので柔軟性が違いのです!

ある程度爪にうるおいがないと衝撃が爪に来た時にバキっと割れてしまう可能性があるのです。

逆にうるおいがあると衝撃を吸収するので割れづらいですね。

あと乾燥以外にもマニキュアや除光液、洗剤や石鹸などでも爪の乾燥刺激になりますので必ず爪の保湿をしましょう。

爪が割れやすいのはもしかすると病気?

爪が割れやすいのはもしかするとそういう病気の可能性があります。

その病気とは、この3つの可能性が!

爪甲縦裂症

爪甲縦裂症(そうこうじゅうれつしょう)と言い、爪の根元に異常が起こり爪の表面が剥がれたり縦に割れたりする病気です。

この病気が発症するのは年齢やマニキュアや乾燥などで起こる事も有るみたいですよ。

爪甲剥離症

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)とは爪の先端が割れたり、かけたり剥がれたりする病気のことです。

よく二枚爪と言われる事もあります。

爪白癬

爪白癬(つめはくせん)とは、爪の水虫のことです。

実は爪にも水虫が出来るんですよねー。

水虫とは菌が原因です。
つまり爪に菌がある状態のことです。

なので爪白癬とは白癬菌が爪の中にいるため水虫になっている状態のことを言います。

爪が割れた時の対処法・処置

爪が剥がれた時の対処法をご紹介!

  • 爪が全部剥がれた時
  • 半分剥がれた時
  • 痛みはない時

この3つの対処法をご紹介!

爪が全部剥がれた時

455069

爪が剥がれると最近などが入りやすくなるため危険です。

なので応急処置として、消毒し剥がれた爪を元の位置に戻しその上からガーゼなどを置くのが一番良いようです。

もし出血をしているようならガーゼの交換をお忘れなく。

後必ず「病院」に行きましょう。

あくまで応急処置であとは病院の先生になんとかしてもらうことが大事ですよ。

自分で治そうなどとは思わないでください。

足の場合は出来れば靴を履かないほうがいいかも。

半分剥がれた時

455069-1

爪が半分剥がれた時は、軽く消毒しガーゼを当てて病院で検査してもらいましょう。

出来れば割れた爪は持って行くと良いかもしれませんね。

実は半分剥がれるのが一番厄介だとも言われています。

痛みはない時

455069-12

痛みはない時は衝撃などで割れたとのではなく、なんらかの病気で割れた可能性があります。

その病気とはこちらです。

  • 爪甲剥離症
  • 栄養不足
  • 手足口病

他にも有るとは思いますが、だいたいこんなものかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする