男性更年期障害(LOH症候群)が意外と知られてなくて怖い

7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_s

男性更年期障害を知っていますか?

よく女性の更年期障害を聞きますが、実は男性にも更年期障害が有ることがわかりました。

更年期障害の男性と女性の症状の違いについてご紹介しようと思います。

更年期障害の男性と女性の症状の違い

更年期障害は男性と女性で何が違うのでしょうか?

男性と女性では実は更年期障害が違うのです!

男性の更年期障害の症状

490855

男性の更年期で多いのは3つの症状です。

その症状とはこちらです。

  • 集中力の低下
  • やる気が出ない
  • 不眠症

この3つが男性の更年期障害には多いみたいです。

これ等3つからするに「疲労や倦怠感」という症状が大きいことがわかりますね。

よく年をとると疲れると言いますが、それはもしかすると男性更年期障害なのかもしれませんね。

女性の更年期障害の症状

002989

女性の更年期は男性と似たようなのが多いのですが主な症状はこちらです。

  • 火照る・汗かき
  • 冷え性
  • イライラ

このような症状が更年期障害の主な症状です。

体がほてったり、汗をかいたり
さらに日によっては逆に冷え性になることも有るみたいです。

そしてイライラしやすいという特徴もあります。

急に体が熱くなったり、寒くなったりとそういった温度差を感じるようになるので疲れやすくなると思います。

更年期障害の原因はホルモンバランス!?

e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

更年期障害の原因は男女共にホルモンバランスだと言われています。

男性の場合は男性ホルモン・女性の場合は女性ホルモンが原因です。

男性ホルモンが低下すると男性更年期障害が発症すると言われています。

なので疲れやすくなったりだるくなったりするようです。

女性も同じことが言えて
女性ホルモンが低下すると女性更年期障害を発症します。

これは閉経が原因だと言われていて、これはだれにでも起こる当たり前の症状だと言われています。

男性更年期障害の方が症状が深刻!

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

女性の更年期障害よりも男性の更年期の方が怖い症状だと言われています。

その理由は「発症期間」です。

女性は5年以内には治る一時的な症状に対して、男性更年期障害は一生続く可能性のある症状なのです!

さらに男性は疲れや倦怠感といって症状なので
仕事に大きな影響を与えることは間違いないですね。

なので男性ホルモンんを増やすことが大事です。

男性ホルモンの低下は心筋梗塞に繋がる?

282114

男性ホルモンが低下すると心筋梗塞に繋がると言われています。

男性ホルモンの低下は実は生活習慣病のリスクを高めると言われている。

高血圧や糖尿病やコレステロールの増加など実は男性ホルモンが関わっていたということがわかっています。

男性ホルモンの低下は様々な病気の原因なのかもしれませんね。

男性ホルモン(テストステロン)を増やすには?

6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s

男性更年期障害の最大の解決方法は男性ホルモンを上げることです。

それで大事なのはこちらです。

  1. 適度な運動
  2. ストレスを貯めこまない
  3. 夜遅くまで起きない
  4. 女性と関わる
  5. 人と合う
  6. 散歩をする
  7. スポーツやゲームをする

だいたいこれ等でしょうか?

やはり男性ホルモンを上げるには性的興奮が一番いいと言われています。

なので女性と夜の営みをするの第一番の予防だと言われていますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする