お腹の音を抑える方法をご紹介

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

空腹になるとお腹の音が鳴ることがあります。

また空腹でなくてもなることもあるようです。

その理由は様々ですが、抑える方法は共通しています。

ではお腹の音を抑える方法についてご紹介したいと思います。

空腹時のお腹の音を抑える方法

空腹時にお腹の音が鳴ることは生理現象です。

しょうがないのでそうならないような食事法を実践するといいでしょう。

食物繊維を摂り過ぎない

食物繊維の中でも「不溶性食物繊維」は
ガスを発生させるためお腹の音が鳴りやすいと言われています。

また果物を食べる人も注意!果物には果糖(かとう)という果物が持っている糖分を含んでいて、果糖はガスを発生させやすい性質があります。

早食いを辞める

早食いをすると空気も一緒に取り込んでしまうのでお腹の音が鳴りやすい。

空気=ガスなのでお腹の音が鳴るのは当然ですね。

炭酸飲料を抑える

炭酸飲料のシュワシュワはガスなので危険!

また清涼飲料水の飲みすぎも空腹のサインを早めお腹の音がなる原因に!

飲みすぎもいけないですし、炭酸飲料水は避けないといけない。

またカフェインが多い飲み物もダメなんだってー。

空腹以外のお腹の音を抑える方法

恥ずかしいお腹の音を抑える方法をご紹介します。

その方法は主に3つ!どれも簡単に行える物なのでお腹が鳴りそうになった時には是非。

姿勢をよくする

お腹の音が鳴る理由の一つとして「猫背」があります。

実はお腹の音の仕組みは胃袋になる空気が腸に移動する時に起こる現象です。

胃と腸を繋ぐ場所は狭いため空気が勢いよく入ると音が鳴ってしまいます。そして猫背のような姿勢の場合より狭くなるためお腹が鳴ってしまうということです。

お腹が鳴りそうになると前かがみになってしまいますが、それは逆効果!

余計なってしまう原因になるのでやめましょう。

背筋を伸ばすことでお腹の音が鳴りにくくなるので、姿勢はよく保ちましょう。

お腹を膨らませる

胃袋から狭い入口の腸に移動する時に音が鳴るため、お腹を膨らませることでその入口を広げることで音が鳴るのを予防できます。

お腹を膨らませると余計になりそうなものですが、実は膨らませた方が良いんですね~。

ただお腹を膨らませる時に空気が腸に移動して音がなる場合もあるのでお腹をふくらませるの優先的にするような呼吸が良いでしょう。

一番良いのは「息を吐きながらお腹を膨らませる」ことです。

ゲップする

お腹の音の原因の一つにガスがあります。

なので事前にゲップしてそれを予防するのも手!

まぁゲップをするのも恥ずかしいですけどね…。

軽いしゃっくりっぽいゲップをしましょう。

まとめ

以上がお腹の音を抑える方法でした!

お腹の音は胃袋から腸に移動する時に起こる現象です。

しかし空腹によっても起こるため、腹持ちの良い食事をすると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする