ロキソニンSは空腹時に飲むと副作用が出て危険!3つの対策で緩和しよう!

c90f341724e45f6d848ea155be498e02_s

頭痛や生理痛の症状の緩和に効果的なロキソニンS。

でもロキソニンはある飲み方をしてしまうと副作用がヤバイと話題です!

ではどういった副作用なのか?

ロキソニンSの副作用についてご紹介します。

ロキソニンSを空腹時に飲んだらダメな理由

なぜロキソニンSって空腹の時に飲んじゃダメなのか?

その理由は「空腹時には刺激が強すぎるから」です。

薬が食後に多いのは刺激を和らげるためだと言われています。胃腸に食べ物があると消化運動が働くため強い薬を服用してもそこまで影響はないと言われています。

しかし空腹時、つまり活動していない状態に服用すると急に強い成分が貼ってくるものだからビックリしてしまうんですね…。

そうすると胃が荒れて、胃痛が起こると言われています。

また医療用のロキソニンを服用すると腸閉塞が起こると言われています!それくらい胃腸には刺激が強すぎるってことですね~。

ちなみに医療用にロキソニンは満腹時に服用しても胃痛などの副作用が出やすいため胃薬と一緒に投与される場合が多いらしいです。

ロキソニンSの副作用は空腹時に飲むと起こる

ロキソニンSの副作用とはどういったものか?

あるの飲み方をすると発症すると言いましたがそれは「空腹時」に飲むことです!

空腹時に飲むと様々な副作用が現れます。

腹痛や胃痛が起こる

ロキソニンSを空腹時に飲むと腹痛などが起こるようです。

なので気をつけてあげないといけませんね。

ロキソニンSは痛みを和らげる鎮痛剤なのですが、空腹時に飲んでしまうと逆に痛みを発生してしまうのです。

なので空腹時は控えた方がいいってことがわかりますね。

眠気が襲う

なんとロキソニンSには、眠気を襲う副作用があるみたいです。

なので痛いと思い飲むと眠くなるのはロキソニンSの副作用かも?

なので運転とかは控えるべきだと言われています。それで事故が起こると大変ですからねー。

むくみが起きる

ロキソニンSの副作用でむくみが起きてしまうことがあります。

正直結構意外な副作用ですよね。

もしロキソニンSを服用した時のみ副作用が出るのならご注意を。

小腸や大腸の粘膜が壊れて閉じる

なんとロキソニンSの副作用で腸の粘膜が壊れて閉じてしまうということがあるようです。

腸が閉じてしまうって、結構やばい副作用です…。

これも空腹時に飲んだ事が原因で起こった副作用です。

しかしこれは医療用のロキソニンです。
市販のロキソニンでは腸の粘膜が壊れてしまうほど強力ではないそうです。

ロキソニンSの副作用を緩和するには?

ロキソニンSの副作用を出来るだけ出さないようにして服用する方法はあります。

その方法は3つほどあったのでご紹介しましょう。

食後に飲む

一つとして、食後に飲む事です!

実際にロキソニンSは食後に飲みましょうと記載されています。

なので出来るだけ食後に飲むといいでしょう。

もし空腹時に痛くなった場合は、食事をするか、他の対策を行い服用しましょう。

牛乳と一緒に飲む

ロキソニンSの副作用は主に粘膜に作用します。

なので粘膜を守ってあげればいいと言われているので、牛乳を飲んで胃を保護してあげましょう。

ロキソニンSは、牛乳と一緒に飲んでも問題はないそうです。

砕いて半分の量にする

ロキソニンSは砕いて、半分の量にして飲んでもいいでしょう。

もしかするとロキソニン1錠は多いのかもしれません。なので砕いて半分の量に!

後残った方は捨ててください。次に取っておく様な事はしないほうがいいです。

まとめ

ロキソニンSは鎮痛剤としては優秀な医薬品です。

ですが空腹時に飲むと副作用を起こす可能性があります。

なので出来るだけ空腹時は避け、食後に飲みましょう。空腹時に痛くなったのなら牛乳を飲むと効果があります。

あと逆にロキソニンSが効かないって人はロキソニンSプレミアムがおすすめ!ロキソニンを倍飲むといった方法はダメですよー!

生理痛でロキソニンが効かない時はロキソニンSプレミアムを服用しよう!
つらい生理痛…。 そんな時には「ロキソニンS」が良いと言いますよね。 でもロキソニンを飲んでも「少し痛いな~」「あんまり...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする