コーヒーダイエットの効果とやり方とは

87cd218812a5f38195b7e1203a4838c0_s

コーヒーを飲むだけで痩せると言われている

コーヒーダイエット!

そんなダイエット法を今回はご紹介しようと思います。

ナゼ飲むだけで痩せるのか?その仕組みと効果をご紹介しようと思います。

そしてオススメのやり方もアドバイスしていきたいと思います。

コーヒーダイエットの効果

コーヒーがダイエットの良い理由は成分にあります。

コーヒーには「クロロゲン酸」という栄養素が含まれていて、こちらには体内の脂肪を燃焼して、蓄積するのを防ぐ働きがあるのです。なので体脂肪を減らし、増えるのを抑えるため十分ダイエット効果があるといって良いと思います。

また抗酸化作用もあるので、血管の老化を防ぎ血液をサラサラにします。健康面でもクロロゲン酸は良い効果があり、老化を防ぐとも言われているので美容にも良い。

コーヒーポリフェノールとも言われている
クロロゲン酸が含有しているのでダイエットにいい!ってことですね~。

あと「カフェイン」にはリパーゼという消化酵素を活性化させる働きがあり、こちらには脂肪を分解する酵素なのでダイエット効果があると言えますね!

つまりクロロゲン酸とカフェインがダイエット効果があるという事です!

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットはどうやってやるのが良いのか?

気になるところですが、私のオススメはこちらです!

ブラックで飲む

コーヒーダイエットなので出来るだけ「砂糖」は使いたくありません。

ノンジュガーで糖の摂取を抑えることが重要ですよー!

苦いかもしれませんが、ブラックで飲みましょう。

ただ「ミルク」ならギリギリOKみたいです。

インスタントではなくドリップを

コーヒーの成分はインスタントよりもドリップの方が多く成分を取れると言われています。

その量はなんと「約2倍」の差があると言われている。

なのでトリップタイプの物で飲むことをおすすめします。

飲むタイミングは食後

コーヒーには脂肪を燃焼して、蓄積するのを抑える働きがあります。

脂肪が一番多く蓄積しやすいタイミングは食後なので、食後飲むのはオススメ!

コーヒーでダイエットするなら食後の時間に飲もう!

ある物を加えるとよりダイエット効果は高まりますよ!

コーヒーをそのまま飲むだけでも十分ダイエット効果は高いです。

しかしある物を加えることでその効果は何倍にも高めることができます。

そのある物というのが以下の食品です!

バター

コーヒーにバターを入れる「バターコーヒー」はダイエットに良いと言われています。

ただグラスフェッドバターという特殊なバターでないと痩せる効果はないと言われていて、逆に太る可能性があるので普通のバターはNGなんだとか。

その理由は普通のバターよりも不飽和脂肪酸という良質な脂質が含まれていて、体内の中性脂肪やコレステロールを排出する効果がコーヒーのダイエット成分を合わさってダイエット効果がより高いものになるということです。

グラスフェッドバターは無塩の物を選びましょう。Amazonにあったのでご紹介。

ココナッツオイル

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸というのが含まれていて、これがココナッツオイルの痩せるカギだと言われています。

中鎖脂肪酸には「ケトン体」という
脂肪を分解して作られるエネルギー源を多く作るために欠かせない成分の事です。

ケトン体とは、体内のブドウ糖が無い時に脂肪を分解して作られるエネルギーの事で元々体内にブドウ糖が無くてもエネルギー源を作る為の生命活動のシステムのことなんですよね~。

以上ことを踏まえて言いますとケトン体とは体内に糖が無い時に作られるエネルギーなので糖質を摂取してしまうと意味がないと言われている。なのでココナッツオイルでダイエットする時は夕食後に摂取し、その後一切「糖」を取らないようにしないといけない。

炭水化物・清涼飲料水はもちろんダメ!食後は水のみ!

これがココナッツオイルダイエットなので、コーヒーに混ぜダイエットしたいなら夕食後に飲んでその後は水だけ飲んで就寝しましょう!これが大事!

はちみつ

はちみつは脂肪になりにくい甘味料なので砂糖よりは良い。

まぁあくまで「砂糖よりは」ですけどね~。

本当はブラックではちみつを入れずに飲む方が良いと言われている。

ただぎゃくに蜂蜜を入れたほうが良いという意見も多く、はちみつには成長ホルモンの分泌を即死する作用があって、成長ホルモンには脂肪を燃焼する働きがあるのでハチミツはダイエットにいい。

きな粉

きな粉とは、大豆を細かく粉末にしたものです。

大豆には以下の成分が含まれています。

  • 大豆イソフラボン
  • 大豆ペプチド

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため脂肪を燃焼して女性らしい体にしてくれると言われています。

大豆ペプチドには、基礎代謝を高める働きがあるので脂肪が燃焼されてダイエットにつながると言われているんですね。

なのでその2つの成分がきな粉には含まれているのでダイエット効果があります。

生姜

生姜にはジンゲロールという成分が含まれている。

ジンゲロールは熱を加えたり乾燥させたりするとショウガオールという成分に変化すると言われていて、血行を促進し基礎代謝を高める効果があると言われています。

なので生姜はダイエットに良いのです。

豆乳

もしコーヒーに牛乳を入れるなら、豆乳の方がおすすめ。

その理由はカロリーが控えめだし、大豆成分が含まれているからです。

先ほどきな粉でも紹介した通り大豆ペプチドやイソフラボンが含まれています。

なのでダイエット効果が牛乳よりいいことがわかりますね~。

コーヒーの飲みすぎには注意してくださいね

コーヒーのカロリーは100ml辺り5kcalなのでカロリーは低い。

ただカフェインは取りすぎると副作用のような症状が出るので注意!

1日3~5杯飲むと、吐き気や頭痛といった症状が出ます。

なので飲みすぎは注意しましょうー!またコーヒーアレルギーってのもあるみたいだしね!

コーヒーアレルギーの症状が思ったよりやばかった!
コーヒーを飲むとアレルギー症状が出るコーヒーアレルギーというを知っていますか?これは、体に不調が出る程度の物なのですが も...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする