お酒を飲むと蕁麻疹が出る?アルコールとの関係はいったい

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s

お酒を飲んだら蕁麻疹が出た!という経験はあるでしょうか?

それは、どうやらよくあることで原因があるみたいです!

では、そのお酒を飲んだら蕁麻疹が出る原因についてご紹介しましょう!

お酒を飲むと蕁麻疹が出る原因

お酒を飲むと蕁麻疹が引き起こるのには様々な原因がありました。

これから紹介することが全てではありませんが、いくつかご紹介しましょう。

こういった原因でお酒を飲むと蕁麻疹が出ます。

血管が広がったから

お酒を飲むと血管が広がると体温が上がります。

そうなると蕁麻疹が現れることがあるようです。

蕁麻疹は体温が上がる事で発症することがあります。なのでお酒に含まれるアルコールによって引き起こる可能性もあるんですね。

なので体温上昇っていうのは気を付けないといけません。特に冬の寒い季節の方が起こりやすいのでご注意を!

発汗によるもの

なんとお酒を飲んで汗をかく事で起こる場合もあります。

汗が刺激になって、蕁麻疹が起こると考えられます。

意外と汗が原因とは知らなかったのではないでしょうか?

汗に含まれる成分によって引き起こるみたいです。詳しいメカニズムなどはまだ解明されていないので詳しいことはわかりません。

肝機能の低下

肝臓の機能が低下するとお酒に含まれるアルコールの分解の機能が落ち蕁麻疹が起こるみたいです。

実は蕁麻疹の原因物質も肝臓で分解され処理されます。なので肝機能が落ちるとその原因物質の分解のチカラも落ちてしまうので蕁麻疹が発症すると考えられていますね。

なので肝機能を高める事が蕁麻疹の発症を抑えるには大事だったのです!

お酒を程々にするのは、蕁麻疹予防にも良いことだったんですね。

アルコールアレルギー

アルコールアレルギーというのがあります。

咳や鼻水などが起こることもあります。そして体が痒くなるという蕁麻疹のような症状も現れます。

なのでお酒を飲むと痒くなるのはアルコールアレルギーかも?

アトピー性皮膚炎

アトピーの方はお酒を飲むと皮膚が痒くなるようです。

これは血行が促進されて、血管が広がったことが原因です。

なのでアトピーの方で体を温めると痒くはならないでしょうか?もしなる場合はお酒を飲んだことによる血行促進で同じ事が起こっていると考えられますよ。

ワインの含まれるヒスタミンによるもの

ワインには実はヒスタミンという物質がふくまれています。

ヒスタミンにはアレルギー症状を引き起こすと言われています。なのでくしゃみや鼻水や咳などといった症状が起こる場合があります。

その中で体にかゆみが出る方もいます。

なのでワインの摂取は控えるべきかも。

お酒でかゆみが出るなら控えるべき

お酒でかゆみが出るなら控えるべきです!

体質が変わることでアルコールによるかゆみが出やすくなったりします。特に多いのが肝機能の低下だと言われています。なので肝臓を強くするのが良いでしょう。

おすすめの肝臓を強くする方法は亜鉛を摂取することです!二日酔いの予防にもなりますし、肝臓が高まって蕁麻疹が出にくくなります!

なのでお酒で蕁麻疹が出る方は亜鉛を摂りましょう!亜鉛の摂取でおすすめはサプリでの摂取で、牡蠣サプリが一番肝臓に良いと言えます!

1ヶ月2,000円で続けられ、定期はいつでも解約出来る「海乳EX」はいかがですか?

安くて1日分の亜鉛を摂れる私も実際に飲んでいるサプリメントですよー!

広島県産の牡蠣エキスサプリメント【海乳EX】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 詳細記事→お酒を飲むと蕁麻疹が出る?アルコールとの関係はいったい […]