二日酔い予防には水!疲労感や胃腸の不調の症状にのみ効きます!

シェアする

5675fa2900774e2ab0bca562b8d773cb_s

二日酔いとはお酒を飲みすぎた時に起こりますね。

その症状の原因は実は様々です。と言うのも二日酔いには種類があってそれによって予防法も違うからです。そしてその中に「脱水症状による二日酔い」が挙げられます。これはお酒を分解する時に水分を使うのと利尿作用や発汗作用によって水分が失われるからです。

以上が理由で飲酒は脱水に繋がります。なので起床時の脱水症状が二日酔いとして現れているのかもしれません。つまりそれを予防するには「水分補給」しかありませんね!

最も効果的な二日酔いに効く水の飲み方とは

二日酔いに効く水の飲み方は「お酒と一緒に飲む」ことです!例えば「お酒→水→お酒」って飲むのも良いし1口毎に変える飲み方でも良い。

これが一番二日酔いに効きますが寝る前に1杯飲むでも十分効果がありますよー。

とりあえず水分補給が忘れなないのが一番大事!

水分補給による二日酔い予防は脱水症状による物だけ有効

二日酔いに水は脱水症状の場合のみ効果があります。

脱水症状による二日酔いにしか効果がないことは知っておきましょう。

実は二日酔いには種類があってそれらによって対策が違ってきます。

アセトアルデヒドが体内に残っている

アセトアルデヒドとはアルコールに含まれる有害物質のことで二日酔いの原因になっています。本来肝臓でこれらは分解されるのですが飲みすぎれば分解できなくなり体内に残り悪さをすることで頭痛や吐き気などといった症状を起こす。

主な症状は「ズキズキとした痛み」です!

これは単に「飲みすぎ」によるものですね。水分を補給してもこればかりはどうしようもありませんが飲んだほうがアセトアルデヒドを分解されやすいです。ただ限度を超えた飲酒はどんな対策を行っても二日酔いは起こります。

糖分が不足している

アルコールの分解には糖分を使用します。なので当分が不足したことによる低血糖症の可能性が挙げられます。糖分が無ければエネルギー不足になりやすい。

主な症状は「頭痛や筋肉痛」です!

低血糖になると頭痛から筋肉痛・腰痛などの痛みの様な症状が起こります。なので対策として糖質(炭水化物)の摂取が必要です。特に果物などの糖質がそこまで多くないものや先に魚や野菜を食べることで血糖値の急上昇を抑えることが出来るのでそのような食事をしましょう。

胃酸過多によるもの

アルコールを摂取すると胃酸が多くなります。そのため胃酸が増えて体に様々な不調を与えると言われていますね。また元々胃酸が多い人はアルコールは控えるべき。

主な症状は「吐き気と食欲不振」です!

胃酸が増えると吐き気が起こりやすくなり食欲もなくなる。改善するには発酵食品を食べるのが良いと言われていて、一番良いのは大根おろしなんだって!胃酸過多の時は発酵食品や大根おろしを食すべき!

おすすめは果物・野菜ジュース!

一番水分補給として優れているのは果物・野菜ジュース。その理由はビタミンやミネラル、糖分が含まれているからだそうです。そして一番良いのは「トマトジュース」なんだって!

あとスポーツドリンクなどの水分補給のために作られた飲料水もおすすめ。

まぁ水でも十分効果があります。あと枝豆などの「おつまみ」と一緒に摂ることも大事。ただ糖分や塩分の摂り過ぎに気を付けながらねー!

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク