胡桃(くるみ)の栄養と効果!1日の摂取量はどれくらい?

シェアする

ナッツの中でも有名で馴染み深い胡桃(くるみ)は健康に良いです。

栄養価が高く、健康・美容に良い効果や効能を持つ。

また1日におすすめな摂取量もあるみたいなのでご紹介します。

胡桃とは

胡桃とは、くるみ科の落葉高木に育ち殻の中の実を食べます。また胡桃の油は「クルミオイル」として売られていて食用種としても人気のようです。

胡桃は日本でも生産されていて、長野県が産地なんだそうです!その次は青森だとか!

胡桃の栄養成分

胡桃にはどういった栄養が含まれているのか?

胡桃はNuVal栄養評価システムで100点満点中82点と高得点を獲得しています。

そして栄養成分は以下が含まれている。

  • オメガ3脂肪酸(リノレン酸)
  • ビタミンB1/B2/B6/E
  • 葉酸
  • マグネシウム
  • 亜鉛

胡桃の効果・効能

胡桃には様々な効果・効能がある!

その効果についてご紹介します。

ダイエット効果

オメガ3脂肪酸には中性脂肪とコレステロールを減少させる働きがあるのでダイエット効果がある!良質な油は体内の脂肪を減らす効果があります!

そしてビタミンB群が豊富に含まれていて、これらは糖質や脂質を代謝する働きがあるので体内の太る原因の物をエネルギーに変えるので痩せることに繋がる。

血液をサラサラにする

オメガ3脂肪酸には血液をサラサラにして動脈硬化を改善し、高血圧や心筋梗塞などを予防する働きがあるので生活習慣病対策にもオススメ出来ます。

また葉酸という血液に含まれる赤血球が巨大化するのを抑制する成分が含まれているので貧血にも良いと言われています。また血液を作るのを手助けするビタミンB6も多い!

骨を丈夫にする

骨は基本的にはカルシウムによって出来ています。

オメガ3脂肪酸が骨の健康に関わっている事はわかっているので骨の健康維持にはとても大切な成分です!良い脂質は骨を丈夫にします!

便秘解消

オメガ3脂肪酸は腸内を刺激して蠕動運動を活発にする働きがあるので便秘を解消する効果に期待が持てます!またマグネシウムという便の水分量を多くする働きがあるため排泄がスムーズになることに繋がる!

糖尿病予防

オメガ3脂肪酸が多い人は糖尿病のリスクが33%低いという研究結果があります。

また悪玉コレステロールを減らすのもひとつの理由になっているみたいです。

認知症予防

オメガ3脂肪酸には脳の学習や記憶の部分に欠かせない栄養素です。

なので摂取量が足りないと認知症を発症しやすいと言われている。なので認知症を遅らせるという意味でもオメガ3脂肪酸は摂取したほうが良い。

乳がん抑制

胡桃にはマウスの実験で乳がんを抑制する効果があったことがわかった。

なので乳がんに胡桃は良いことがわかりますね!

また抗酸化作用も高いので他のガンにも有効だと言えるでしょうー。

アレルギー改善

アレルギーの原因の一つに悪い油の摂り過ぎが挙げられる。悪い油の4倍オメガ3脂肪酸を摂取することでアレルギー体質が改善して花粉症やアトピーにも有効なんだとか!

胡桃の1日の摂取量について

胡桃の1日の摂取量は「約25g(約7粒)」です。

結構少ないですね!1日食べても50gにしましょう。

それ以上は食べ過ぎなので気をつけましょうーね。

まとめ

胡桃は美味しいのに健康に良い効果がいっぱいですね!

是非1日7粒頂きましょうー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 無添加 生くるみ 1kg(500g×2袋) オメガ3脂肪酸 栄養豊富なクルミ 無塩 無添加のナッツ(くるみ)人気の胡桃 くるみ おやつ
価格:1720円(税込、送料無料) (2017/8/28時点)

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介していています!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク