ベジファーストは野菜を先に食べるだけの簡単すぎるダイエット!?

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

みなさん、ベジファーストという言葉をご存知ですか?

ベジファーストとは、ベジタブル(野菜)とファースト(最初)の略語です。

食事の最初に野菜を取ることで健康効果やダイエット効果に期待ができると言われている食事法のようなものです。

先に野菜を食べるだけというお手軽さから、男女ともに人気がある食事法なんですよ!

ベジファーストは血糖値の上がりを緩やかにする効果がある

太る原因は「血糖値」です。

血糖値とは、糖分を摂ることで上がり上がっている時は糖が脂肪に変わりやすくなっているという考えでいいでしょう。

なのでこれできれば、上げずに早く下げるのがいいでしょう。

そのためにはベジファーストが効果的なんです!

ベジファーストをすると、2つの効果を得ることができます。

  1. 血糖値が上がりづらい
  2. 血糖値を早く下げる

つまりこれはWで糖分が脂肪になりづらくなっていると言えますね!

なぜこのような事が起こるかというとそれは「インスリン」です!

インスリンとは、血糖値を下げるホルモンの事です。

ベジファーストでこのインスリンの分泌を促します。

なのでそのあと食べても血糖値が上がりづらく、早く下がるので脂肪ができるのを防止できるのです!

この2つの効果があるからベジファーストはダイエットに効果アリなんです!

一番太りづらい食事法は何?

食事法で、血糖値の上がり方に変化があることがわかりましたね。

では一番上がりづらい食事方法はどのようなものか?

基本的にこのような考えでいいと思います。

野菜→おかず→ご飯

まず、野菜を食べてその他に肉や魚などを食べ最後にご飯を食べる。

なんかご飯が味気ないように感じてしまいますが、これが一番太りづらい食事法なんです。

この食事法を「食べ順ダイエット」って言うみたいです。

ベジファーストの一日の摂取量は?

ベジファーストは一日どれくらい摂ればいいのか?

その量なんと350gです!

結構多いですよねー。

350gって結構な量です。
あと一回の食事で取るのではなく、ちゃんと朝昼晩の3回に分けて毎回食べましょう。

あくまでこれは、血糖値をゆるやかに上げるのが目的なので。

ベジファーストは野菜ジュースでもいいの?

ベジファーストは野菜ジュースでもいいのか?

生野菜の方が酵素が多いのでできればそうして欲しいのですが、最悪野菜ジュースでもいいです。

それに野菜ジュースの方がいい場合もあります!

野菜ジュースにはある程度の「糖分」が含まれているんですね。

だから食前30分前に飲むことで血糖値を少し上げインスリンの分泌を事前に上げて置くことができます。

なのでその後の食事がインスリンが上がった状態なので太りづらいってことですね。

ベジファーストを手軽に味わうベジファスとは?

レタス2個分の食物繊維と80種の植物発酵エキス!

それが1ヶ月4,800円(送料無料)で始められるゼリータイプの健康補助食品がありました!

  • 難消化性デキストリン(食物繊維)
  • シークヮーサー果汁
  • 野菜・野草・果実混合発酵液

これが始められますよ!

1日に1本食前に食べて健康的に痩せるベジファースト生活を始めませんか?

いまなら初回限定ですが3000円で始められます!

糖や脂肪の吸収を抑える【ベジファス】

まとめ

以上が、ベジファーストでした!

みなさんもベジファーストを始めてみませんか?

たったそれだけで健康になれてダイエットにもなるのでおすすめですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする