普段使っている油を亜麻仁油にするだけでアトピーが改善できる!?

f9f0f4ef2dd353d52f02976dff510eb1_s

アトピーの原因は普段使っている油にあった?

食用油はたくさんありますよねー。

サラダ油やオリーブオイル、今ではえごま油が人気がありますね!

そんな油たちですが、実はアトピーの原因だって知っていましたか?

私たちが普段使っているサラダ油等には、リノール酸という成分が含まれています。

このリノール酸が原因なんです!

リノール酸は私たちにとって重要な必須脂肪酸です。

しかし、このリノール酸は取りすぎるとアトピーや花粉症を引き起こす原因になってしまいます。

なので、このリノール酸は取りすぎないことがアトピーを改善させる一番の近道です。

ですがリノール酸の摂取量を減らすのは案外難しいものです。

ほとんどの油には、このリノール酸がかなりの量を含んでいます。

なので、減らすのはぶっちゃけ無理な話なんです!

ですがひとつ方法があります。 それはリノール酸と戦ってくれる成分を摂取することです!

その成分が「αリノレン酸」です!

αリノレン酸は、体の中にある余分なリノール酸を排出する作用があります。

普段撮りすぎてしまっているリノール酸を余分なだけ体の外へ追い出す力のあるαリノレン酸は私たちにとって必要な脂肪酸なのです!

そして、そのαリノレン酸が多く含まれているのが「亜麻仁油」です!

亜麻仁油に含まれる脂肪酸の60%はαリノレン酸だと言われています。

普通の食用油は、ほとんどがリノール酸なのに比べて、亜麻仁油は逆にほとんどがαリノレン酸なのはすごいですね!

おすすめ記事→えごま油もアトピーに効く!

亜麻仁油の食べ方は?

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s

亜麻仁油の食べ方はできるだけ加熱せずに生でいただいた方が効果的です!

実はαリノレン酸は加熱すると壊れてしまう性質があるためできればそのまま頂きたいですね!

全てのαリノレン酸が壊れるわけではありませんが、できるだけ多くのαリノレン酸をいただきたいのでサラダにかけたり、パスタの仕上げにかけたりするのがおすすめですよー!

とにかく亜麻仁油は毎日食べても大丈夫です! むしろ毎日食べることを推奨します!

是非とも毎日仕上げに亜麻仁油をかけてお召し上がりください。

亜麻仁油の推奨摂取量

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

亜麻仁油は2g~3gほどが推奨摂取量だと言われています。

大体スプーン1杯くらいだと思ってください。

納豆や豆腐などにスプーン1杯かけましょうー!

亜麻仁油はアトピーを悪化させるって聞いたけど?

254722

検索するときに「亜麻仁油 アトピー 悪化」と検索候補が出てきます。

なので亜麻仁油はアトピーに悪いんだ~って勘違い人が居るようです。

実は違います!

このワードの本当の真相は亜麻仁油をとってもアトピーが改善しなかった!っていう人がいるためにこのようなワードがよく検索されるようになったんです!

亜麻仁油を取っても改善されない原因は、リノール酸にあります。

先程も言った通りリノール酸はアトピーの原因です、なのでそれを排出するためにαリノレン酸を摂取する必要があると言いました。

ですが、自分が気づいていないだけで実はリノール酸をほかの食材で摂取してしまっていることがどうやらあるようです。

リノール酸とαリノレン酸にも推奨比率というのがあります。

それはこちらのような比率です!

リノール酸<αリノレン酸
4

1:4が一番理想の比率なのです。

しかし自分が気づいていないだけでほかの食材でリノール酸を大量に摂取してしまっているせいで亜麻仁油を取っても全然アトピーが改善されないという現象が起こったんです。

なのでアトピーを治したい人はリノール酸の有無をしっかりと把握しておく必要があります。

把握してできるだけリノール酸の摂取をできるだけ避けましょう。

これがアトピーを悪化させないために必要な努力です!

まとめ

以上が、亜麻仁油とアトピーについてでした。

亜麻仁油にはαリノレン酸が含まれているからアトピーに効果があるんですね~。

もしアトピーでお悩みの方は普段の油を亜麻仁油に変えてみませんか?

亜麻仁油についてもっと知りたい方はこちらへ!
詳細記事→亜麻仁油の効果効能と正しい1日の摂取量につて

えごま油と亜麻仁油を比べた記事もありますよ!
詳細記事えごま油と亜麻仁油の違いって何?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする