ショートスリーパーの特徴は?どうやったらなれる?

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

睡眠というのは大事なものです!

人は7時間寝たほうがいいと言われていますね。

ですが、人によっては少ない時間の睡眠でも寝られる「ショートスリーパー」という人達がいるようです。

芸能人や有名人の方にもいるみたいで、皆2~3時間の睡眠で生活しているようです。

なかには1時間の睡眠でねくならない人も!

では、なぜそのような事が起こっているのでしょうか?

その謎を解明したいと思います!!

ショートスリーパーの特徴とは?

まず、ショートスリーパーというのがどの様なものなのかをご説明したいと思います。

ショートスリーパーとは、短い睡眠でも大丈夫な方のことです。

しかも、それを無理せずになさっているのが最大の特徴です!

ショートスリーパーがいるくらいなのですからもちろん逆の「ロングスリーパー」もいます。

おすすめ記事→ロングスリーパーについて

そして、ショートスリーパーは、短い睡眠ですが充実感のある生活をしているのも特徴のひとつのようです。

普通の人は6~7時間ねているので、だいたい18時間しか起きていないことになりますよね。

でもロングスリーパーの方は20~21時間ほど起きているので、一日の生活がより長く感じていることができるんです!

そのため、意外と精神的には問題ないようです!どちらかというとショートスリーパーのほうがメンタルが強く、ストレスにも強いと言われています。

ショートスリーパーはなぜ短い睡眠でもいいのか?

ショートスリーパーの方が短い睡眠でも十分寝た気でいられるのは訳があります。

それは「睡眠の質」です!

人には、深い睡眠と浅い睡眠があります。 レム睡眠 とノンレム睡眠とも言いますね。

この中でも深い睡眠がどうやら人よりも長いようです!

人は深い睡眠と浅い睡眠を交互に行うのですが、この時どれだけ深い睡眠の時間が長かったかが睡眠の質の善し悪しに関わってきます。

そして、その深い睡眠の時間帯をディープスリープといい

その時間帯は平均で睡眠時間の全体の15%ほどです。

ですが、ショートスリーパーの人はなんと42%とまさかの倍以上なんです!

これが、少ない睡眠でも大丈夫なわけなんですね~。

短時間の睡眠でも眠くならない方法

短時間しか寝てないと昼頃に眠くならないのか?そう思いますよね。

じつは、ショートスリーパーの人は眠くなりづらいあることをしていたのです!

それはこれです!

朝起きたら炭酸水を飲む

95499a7962a05dcd2616de7e801b1b17_s

朝起きたとき炭酸水のを飲む!

これは実は良くて、炭酸水を飲むことで脳に刺激が行くんです!

これで、目が覚めるんですね~。 できるだけ炭酸が強いのがいいかもー!

大豆食品を食べる

3d549c2495d06397dfe38d0141c720bc_s

大豆食品には「トリプトファン」という成分が含まれていて、それが脳を活性化させる「メラトニン」という成分に変化するようです。

それによって、日中でも眠くならないんだとか!

大豆食品というと、豆腐や納豆、味噌汁ですね!

意外と日本の朝食は理にかなった朝食だったんですね~。

ショートスリーパーになる方法

ショートスリーパーになりたいですよね!

でも正直無理はいけないと思います、体質とかで深い睡眠に入りづらい入りにくいはあるので…。

一応ショートスリーパーになる方法はあります!

それは「ねる2時間前の行動」にあります!

寝る2時間前にリラックスすることが大事

寝る2時間前、一体どんなことをなされますか?

できれば、パソコンやスマホやおやめになったほうがいいですね。 目が疲れ、リラックスできないので。

2時間前にゆっくりと1時間ほど入浴するとか、瞑想をする、部屋を薄暗くしキャンドルを灯すなどがいいみたいですねー、

瞑想はこちらをご覧になるといいですよー!
詳細記事⇒瞑想を正しいやり方でするとこれほど素晴らしい効果がある!

まぁ、人によって様々ですが、脳をリラックスさせるというのが大事です!

できれば明かりを薄暗くし、情報力を少なくすることが脳をリラックスさせるのに効果的な方法です!

自分なりの2時間前のリラックス法を見つけましょうー!

まとめ

以上が、ショートスリーパーについてでした!

ショートスリーパーは短い睡眠でもいいという夢のような人たちですね。

ただ短い睡眠だと、早死するとか認知症になりやすいとか言われますね。

いったい長い睡眠、短い睡眠どちらがいいんでしょうね~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする