焼きフルーツは生より栄養価が高い!?作り方は本当に焼くだけ!

シェアする

a47c150af725319f857f440260f1819e_s

皆さんは焼きフルーツと言うのを知っていますか?

果物を焼くだけ!という何ともそのままなネーミングです。

そんな気になる焼きフルーツについてご紹介致します。

焼きフルーツとは

焼きフルーツとは、果物を皮のまま焼くというワイルドな料理法です。フルーツは焼くと糖度が増すことが多いのでより美味しい果物に変わります!また栄養価の面でも焼いた方が実は良かったりします!

でも本当に栄養価は高いのでしょうか?

なぜ栄養価が高まる?

焼きフルーツは何故栄養価が高まるのでしょうか?

ビタミン類など熱に弱い物が多い焼きフルーツですが、皮のまま焼くので中の身の方は壊れづらく仮に溶け出しても全て皮の中に居続けるので栄養が逃げません!

また皮を焼くことで皮のまま頂けます。むしろ焼きフルーツは皮のまま食べるのが前提なので行けるものは全て皮のまま頂きましょうー!皮と身の間には栄養が詰まっていますし、革にはポリフェノールなどの抗酸化物質が豊富に含まれているためむしろ皮の方が栄養価が高い!?

果物を余すことなく食べられる
焼きフルーツの栄養価が高い理由がお分かりいただけましたか?

すぐに食べれば体を温めます!

焼きフルーツは焼いてすぐなら温かいままです。

なので内蔵から体を温めることが可能で、冷え性にも良いし、腸内フローラ改善にも良いと祝えています!果物は焼くだけですが、生より効果が高い!

焼きフルーツの作り方

焼きフルーツの作り方は基本的には皮のまま焼くだけです。

しかしおすすめ方法は「トースター」で焼くことです!そうすることで焼き目や焦げ目が付きやすく、美味しい焼きフルーツが出来上がります!両面に焦げ目が付けばOKです。

あと「焼く前に水かお湯で洗う」ことをお忘れなく!剥く前提の果物は皮の表面に何がついているかわかりませんからね~。念のため洗っておきましょうー。

リンゴなどは水分が多いので、アルミホイルで包み焼いた方が良いかも!

みかんやバナナなどは皮が厚いので問題ないと思う。ただ焼きすぎ注意です!

まとめ

焼きフルーツ!美味しそうですね~。

果物とは少し違いますがトマトもオススメです!

トマトは油で熱することでリコピンの吸収率が4倍になることが分かっています。リコピンにはビタミンEの100倍の抗酸化パワーを持っています。なので焼いた方が効果が高い!

意外と野菜や果物は焼いた方が良かったりする食材も多いです。

焼きフルーツ!是非とも試してみませんか?

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介していています!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク