アルコールで作るハーブチンキ!使う種類によって効能が違う!?

bc4c6c9f58747256767267bdecd2a123_s

ハーブチンキって知っていますか?

ハーブチンキとは、ハーブをアルコール等で漬けて成分のみを抽出したモノのことです。

一見はハーブというと、ハーブティーなどを思い浮かべますが

まさか、アルコールで着けるとはなかなか知られてないのではないでしょうか?

そしてアルコールで漬けることによってお茶では抽出できない成分も抽出できるらしいですよ

なので、ハーブティとはまた違った効能・効能に期待ができますね!

ハーブチンキの効能

ハーブチンキは、使うハーブによって効能が違ってきます。

なので、自分のほしい効能でハーブを選ぶといいでしょう。

エキナセアは風邪予防

風邪予防にいいハーブがあります。それは「エキナセア」です!

エキナセアチンキをお湯やお茶に数滴たらすだけで風邪の予防になるらしい。

また、10倍の量のお水で薄めるとうがい薬にもなるとか!

どくだみは疲労回復

疲労回復にいいハーブは「どくだみ」です!

どくだみのハーブチンキは、疲労回復から高血圧改善、便秘解消、むくみ解消

デトックス効能。皮膚炎・胃炎の予防などに効能があると言われています。

レモンバームはアレルギー緩和

抗アレルギーの効能を持つハーブがあります。それは「レモンバーム」です。

レモンバームチンキは、アレルギーを和らげる作用と抗炎症作用の効能があり

アトピー皮膚炎などの改善にも効能があります。

ローズ系は若返り効能(アンチエイジング)

「ローズ系」のハーブはアンチエイジングの作用があります。

美容にいいハーブをハーブチンキにすれば

普段の飲み物がすべて美容にいい飲み物に早変わりですね。

ミントハーブはデトックス効能

「ミントハーブ」は、殺菌効能が有り体の中の悪い菌を除菌してくれます。

なので体から悪いものがいなくなるのでデトックスに期待ができますね。

油を溶かす性質もありその殺菌能力の高さから、キッチンの掃除にも使えます!

スカルキャップはストレス解消

心を穏やかにしてくれるハーブチンキがあります。

それは、「スカルキャップ」です!

精神からくる症状を鎮める効能を持っている。

ハーブチンキの作り方

ハーブチンキはハーブをアルコールで付けて作ります。

ではその詳しい作り方をご紹介します。

材料

  • ウオッカ…100ml
  • ハーブ……10g
  • 遮光瓶……全部入る物

作り方

  1. 密閉容器にウオッカを入れます。
    なぜウオッカかというとだいたいの種類が40度だからです。なので40度のお酒なら基本問題はないです。匂いにクセがないウオッカがおすすめですけどね。
  2. フタをして冷暗所に3週間~4週間程置く。
    この時毎日容器を振ってください。そうしないと失敗する可能性があります。
  3. ハーブを取り除いて出来上がりです!

ハーブチンキの使い方

ハーブチンキはいろんな使い方ができます!

その使い方をいくつかご紹介しましょう。

飲む

ハーブチンキ飲みを飲むと、40度もあるので死んでしまいます(笑)

なのでお湯やハーブティーなどに1滴くらいでいいので混ぜましょう。

たった1滴だけですが、ハーブチンキの効能を感じると思います。

料理に使う

イタリアンに使う時にオススメかも!

ペペロンチーノなどなにかアクセントをつけたいときに是非使って欲しいです。

ハーブの香りが普段の料理のイメージを変えます。

肌に塗る

ローズ系のハーブチンキならアンチエイジングの効能があります!

クリームやオイルなどに混ぜてお使いください。

1滴で十分だと思います。

殺菌や消毒

度数の強いアルコールを使っているので、アルコール消毒に使えます!

水とハーブチンキを「4:1」の割合で希釈しましょう。

まとめ

以上が、ハーブチンキでした。

ハーブチンキは、個人差などがありアレルギーなどもある可能性があります。

なので、必ずアレルギーがないかどうか確かめてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 飲んで塗って美しく。10歳以上も若返る”魔法のハーブ液”使い方7選 | キラキラガールズ 〜女子力向上サイト〜 より:

    […] 出典: sinsin-kenkou.net […]