ZOOKA EX(ズーカイーエックス)で紙巻きタバコが3倍多く吸える!

シェアする

ZOOKA iqの進化版のZOOKA EX(ズーカイーエックス)を知っていますか?

あちらはアイコスと葉たばこ(シャグ)が吸えるタイプでしたば、こちらは紙巻きタバコと葉たばこ(シャグ)が吸えるタイプとなっています。一見紙巻きタバコを電子タバコで吸うのってよくわからないと思いますが実はこれが凄い!なんと・・・

紙巻きタバコを3倍多く吸えるんです!

その理由は使い方にあります。ZOOKA EXは葉たばこをカッター等で3~4等分にカットして使います。なのに吸える回数はそんなに変わらないのです!これが凄いところですよね。だって単純にコスパが3~4倍になるんですから!

実際に買って使ってみたので購入レビューしてみます!!

ズーカイーエックスを購入レビュー

こちらがズーカイーエックスです。

緑色の不思議な模様の箱に入っています。

中には以下が入っていました。

  • 本体
  • USBチャージャー
  • メッシュフィルター×2
  • クリーニングブラシ
  • クリーニングスティック
  • シリコンマウスピース×3

持った感じは結構手にフィットする。

ただもう少し大きいと安定するかな?って感じ。まぁ大きいと大きいでイヤなんですけどね…あと持つ時ディスプレイに指紋が付きそうだし、ボタン部分だと押してしまいそうになるので手の置き場所に困るのが少し欠点?

こちらの中にシャグや紙巻きたばこを詰めていきます。

アイコス互換機のイーフォスみたいだね。

紙巻たばこを1.5~2cm程度にカットします。

切れ味が悪いせいか少し中身が飛び出ちゃう。

ちなみにオススメのはタバコは「アメリカンスピリット」みたいです。葉っぱの詰め合いも良いし30%多く詰まっているので4等分にすることが可能。普通のだと3等分が限度です。

紙巻きタバコを詰めたら、キャップを装着します。

長すぎると閉めれないのである程度の大きさまでにしましょう。

SET→HEAT→WARM

という順番で加熱していきます。HEATは加熱中、WARMはもう吸えるよって意味。まぁここれへんはなんとくなくわかりますね。ちなみにプラスボタンで温度を上げ、マイナスボタンで下げられるので自分の好きな加熱温度で吸える。

刺激や欲しい人は高熱で、風味を楽しみたい人は低温で。

また付属として3個シリコンキャップが付いてきます。

洗って再利用もできるので結構オススメ。吸っていると口周りが汚れてくるのでキレイに長く使いたいなら是非とも使って欲しい付属品です。

吸い終わったら取り出します。

クリーニングキットが入っているのですが紙巻きタバコの場合は要りません。斜めにしてトントンとするだけで紙巻きタバコが出てきます。ある程度出たら指でつまんで取り出そう。

また取り出すと多少カスが詰まっているので上下に振って払い落とします。

キレイに安定して長く使うにはこういった事が大事になってきます。

加熱前と後を比べてみると中心までムラがないことが分かる。

180度程度なのでこれくらいなので、200度位だともっと黒くなるのかな?

とにかく「ムラがない」のがセラミックの強み!

充電はUSBで行なえます。

パソコンやモバイルバッテリーなどで充電できますが、実はB-typeのMicro USBケーブルなのでスマホの充電器で普通に充電可能ですよ!ただ出力が違い場合は故障の原因となるので高速充電タイプは注意しましょう。Ankerなど調節してくれるものなら問題ない?

シャグでも使ってみた!

アメリカンスピリットが良いらしいんだけど持っていないのでコチラのシャグを使う。

チェ・シャグっていうオーガニック(無添加)タバコのブレンドです。

とにかくお値段がお手頃なのでオススメ。

シャグを詰めるのですが「キツキツ」に詰めすぎないのがコツ。

あまり隙間がないと上手く煙が出ないらしい。

なので軽く押し込む程度でOK。

実際に吸ってみたんのですが紙巻きタバコより煙が多い!

また味も使う銘柄によると思うが私はコッチの方がすきかな?多分ペーパーがないので変なキック感がなく、本来の煙草の味だけど楽しめるんだと思う。

結構好きでした!変なイガイガ感が嫌な人はシャグで!
(まぁ紙巻きタバコでも紙から外して中身だけ詰めれば同じことが可能なんだけどね)

あと公式には書かれていなかったので保証はしないが、リキッドを使うことで煙の量を多くすることができる。リキッドは熱を加えて吸う時に蒸発するので水蒸気の量が多くなるのです!

煙の量が少ないな~と感じている人にはオススメ!

だからって「水を入れると故障の原因になる」ので絶対やったらダメだよ!

私は無味無臭のリキッドを持っていないため、味付きしか無かった…。まぁ味付きで色んなパターンを楽しめるっていう使い方も出来るっちゃできるけど…。

クリーニングキットやブラシが付いているのでシャグも取りやすい。

シャグだと掃除が少し面倒っていうデメリットはあるけど、タバコの風味はやっぱりこっちの方が良いし、お値段も安いのでコスパが良いので節約したいならオススメ!

シャグで吸うっていうのもけっこういいよ!

ズーカイーエックスのメリット

ズーカイーエックスのメリットをご紹介します。

3つほどあるのでご紹介しましょう。

1/3で良いので節約できる

ズーカイーエックスはタバコを3~4等分にカットして使います。

なので節約できますね!普通はそれくらいの大きさって2~3回吸うと燃えてなくなりますがこれなら1本で30~40回は吸えます。節約にはもってこいだね!

ライターが要らない

ズーカイーエックスは電気で加熱するのでライターは不要です。

ライターが要らないっていうのは結構良いのでは?まぁ多少工程があるので何だかんだ楽さではライターの方がって気もしますが…。でも電気で加熱するのは良いね!

ヤニが発生しにくい

ズーカイーエックスは電気で加熱するためヤニが発生しにくいのです。実際にあまり煙が出ませんしねー。これはお部屋で吸ってもOKなので嬉しいのでは?

ニコチンは問題なく吸引することが可能です。

温度を切り替えられる

温度を設定できるので使い分けることが可能。

風味を活かしたいなら低温、キック感を強くしたいなら高温。

その人に合った温度で使える!

キャップ式なので吸いやすい

ズーカイーエックスはキャップ式なので吸いやすいのが特徴です。アイコスだとヒートスティックが外れるというアクシデントも多かったですが、これはそんなことは起こらない。

またシリコンキャップも付属しているので衛生面でも良いね。

ズーカイーエックスのデメリット

ズーカイーエックスを実際に吸って分かったデメリットがあります。

そのデメリットについてご紹介します。

風味がグローっぽい

電気で加熱するため若干グローっぽいです。アイコスしか吸った事のない人にはイメージしにくいかも知れませんが、加熱方式がアイコスはブレードで中からに対して、グローはペーパーの上から温めていくタイプなので似ていますね。

また加熱もセラミックなのでムラが無く、しっかり内側まで加熱されているのが画像でも分かりますよね?あと煙草の銘柄で味や風味が買えられるって言うのが良いよね~。

あとシャグを使ったり、紙巻きタバコの中身だけを入れればグロー感は無くなるのでなんか違うな~って思う時はそういった使い方をオススメします。

定期的な掃除が必要

葉っぱが中で残るので定期的な掃除は必要です。

クリーニングブラシなどもあるので掃除自体はそこまで大変じゃない。

タバコを詰めるのが意外と面倒

紙巻きタバコならカットし、シャグなら詰める必要が有るのでそのめんどくささはある。

ただこれは事前に知っていることなのでこれが面倒くさいと思う人には合わないだろう。

素直にタバコに火をつけて吸ったほうが良い。

ズーカイーエックスはオススメですよ!

今まで普通にタバコに火をつけて吸っていた人には必見の電子タバコでしょう。フル充電でなんと合計60分程度使用可能なので十分使える。また5分加熱すると自動OFFの機能も搭載。

タバコ代を抑えたい、ヤニが気になる…。そんな方にオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「ZOOKA EX」(ズーカ・イーエックス)加熱式・気化式・電子タバコ ズーカイーエックス
価格:8,964円(税込、送料別) (2018/2/24時点)

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク