蕁麻疹(じんましん)は冬に多い!その原因は2種類あった!

cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s

蕁麻疹(じんましん)は春夏秋冬の中で冬に起こりやすいと言われています。

それは一体何故でしょう?

冬に起こりやすいのに理由などはあるのでしょうか?

どうして蕁麻疹は冬に現れやすいの?

どうして冬に起こりやすいのか?

蕁麻疹は「温度の急激な変化」で起こりやすいです。そして冬はその変化が起こりやすい季節でもあります。

その理由は「暖房・エアコン」などで室内の温度を調節しているのが原因みたいですよ!

そうすることで外と室内が急激な温度差が生まれます。特に寒い地域だと尚更です!

夏は別に涼しい温度に設定しても外と対して温度差はありません。しかし冬の場合は20度以上の温度差が生まれる場合があります。

なので冬は蕁麻疹が起こりやすいのです!

冬に起こりやすい蕁麻疹は2種類!

冬の蕁麻疹にも種類があります。

その種類は2種類あるのでご紹介しましょう。

寒冷蕁麻疹

086154

寒冷蕁麻疹とは、暖かい所から寒い所に行く事で発症します。

なので室内から外に出ること発症する可能性があります。

中にはお風呂から上がって湯冷めでも起こりうる。

温熱蕁麻疹

087351

温熱蕁麻疹とは、寒い所から暖かい所に行く事で発症します。

つまり寒い外から家に入った時起こりやすいと言われています。

冬で多いのはこちらの方だと言われている。

冬に蕁麻疹を起こさないためには?

蕁麻疹はどうやって予防すればいいのか?

原因は温度差によって起こりますので、そこを気をつけると良いと言えますね。

なので「お部屋の温度と外の温度との温度差を少なくする」ことでなんとか出来ますよ!

その方法は簡単で家の温度を下げる事で解決出来ます!

ただ当たり前ですが「部屋が寒い」です。

なのでそこは我慢しなくてはいけませんね…。しかしこれくらい歯科予防法はないでしょう。

蕁麻疹が出てしまったらどうすればいい?

蕁麻疹が出てしまったら「患部を冷やす」事が大切です。

実は冷やす事でかゆみなどの症状を抑える事ができ早く治すことができると言われています。

まとめ

蕁麻疹はアレルギーなどで起こる場合がありますが

寒さや熱さなどでも引き起こる場合があります。

なので、自分がどんな蕁麻疹なのか確かめておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする