コラーゲンは本当の効果は仕組みを知れば理解できます!

シェアする

コラーゲンといえば効果があるだとないだとのと言われ続けている。

じゃあ結局どっちなの?ってなりますよね。

なのでいろいろ調べた結果分かったコラーゲンの仕組みをご紹介します。仕組さえ理解できればコラーゲンの効果は丸分かりなんですよ!

コラーゲンの仕組みによる効果の真実

コラーゲンの仕組みを正しく知っている人って少ないと思います。

コラーゲンは分子量が大きすぎるため吸収出来ないので一度アミノ酸やペプチドに分解してから体内に吸収します。確かにアミノ酸やペプチドはコラーゲンの生成に繋がりますがそれなら最初からアミノ酸やペプチドを摂取すれば良いだけなのでコラーゲンを取っても直接的な効果は一切ないと言われています。

なのでコラーゲンは効果がないと言われてきました。しかしあるコラーゲンには肌の水分量を高めてくれる効果があることが分かっています。そのコラーゲンというのが「コーラゲンペプチド」という分子量が数百~数千という小さなコラーゲンの事です。

通常のコラーゲンは30万前後なので1/100~1/1000くらい小さくなっていると想像できるため吸収率が圧倒的に高いためコラーゲンのまま体内に取り込む事が出来ます。血中に吸収されるとアミノ酸になると言われてきたコラーゲンですがコラーゲンペプチドはペプチドのまま吸収されるためコラーゲンとして様々な所に使えるんですね。

つまりコラーゲン自体はアミノ酸に変わってしまうのでコラーゲンがそのままお肌に行くことは無いため直接的な効果はありませんが、コラーゲンペプチドなら直接的な効果がある事が分かっているのでそれを選ぶべき!

コラーゲンはお肌だけに効果があるわけじゃない

コラーゲンと言うとお肌に良いというイメージがあるのでお肌にだけ効果があるもんだと思われがちですが実はそうじゃありません。コラーゲンはお肌以外にも骨・軟骨・腱・血管などにも使われています。

確かにコラーゲンの40%は皮膚に使われていて、お肌の水分を除いた体内のコラーゲン量は71%とかなり大部分を取っていることが分かります。主にコラーゲンは接着剤の様な働きをしてお肌の細胞一つ一つを付けているのがコラーゲンです。

そのため膝や肘の軟骨の破壊を止める事で関節痛の改善をしたり、血管の柔軟性を良くすることで動脈硬化などの血管病の予防にも繋がる。また腱の修復と強化にも優れているためアスリートも痛めた時はコラーゲンを良く摂取するんだとか!

普通のコラーゲンでも生成を促す効果はあります!

普通のコラーゲンは摂取するとアミノ酸やペプチドに変わるため意味がないと言われています。しかしそのアミノ酸自体は普通のアミノ酸と変わらないので効果はありませんがコラーゲンがアミノ酸やペプチドの分解される時に「線維芽細胞」が活発になる事が分かっている。

線維芽細胞とは、コラーゲンを産生している細胞の事でこの細胞が働けば働くほど多くのコラーゲンが作り出せるってことですね!年齢と共にコラーゲンの量が減るのはこの細胞の働きが弱くなっているからです!

つまりコラーゲン自体には効果はないけど、コラーゲンの分解はお肌に良い効果に繋げる働きがあるためコラーゲンの摂取が全く意味がないってわけでもなさそうです。ただどれくらい活発になるかは個人差がある。

つまりコラーゲンの摂取は効果がある!って事ですね!

通常のコラーゲンでもそれ自体には効果はありませんが線維芽細胞を活発にするので効果があるし、コラーゲンペプチドは吸収されてペプチドのまま血中を巡るのでそのまま効果がある。

以上のことから「コラーゲン=お肌に良い効果」は絶対にあります!

ただ体内のコラーゲンの増やすなら「アミノ酸の摂取」で十分です。まぁこれはコラーゲンを生成する線維芽細胞が活発な若い時ならアミノ酸の摂取だけで良いですが歳を重ねて上手くコラーゲンを生成出来ないならコラーゲンかコラーゲンペプチドの摂取が必要ですね。

あとコラーゲンの生成は「ビタミンC」も同時に摂取すると相乗効果があるためコラーゲンとビタミンCを一緒に摂る事をおすすめしますよ!

そしてコラーゲンペプチドを摂るなら「ニッピ コラーゲン100」が最適だよ!

ニッピコラーゲン100とは、粉状になっているコラーゲンの商品で料理や飲み物に混ぜるだけで手軽にコラーゲンを摂取できるという夢のような...

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク