スイカジュースの効能と作り方!ミキサーでするとき種はどうする?

ビヨンセがハマったと言われているスイカジュース。

スイカは水分だけだと思われていますが健康・美容に良い栄養成分が豊富に含まれていることが分かっているのでスーパーフードと言えるかも!?

そんなスイカジュースの効能と作り方をご紹介します。

スイカジュースの効能

スイカジュースには様々な効果・効能があります。

期待できるものをいくつかピックアップしてみます。

血行促進

スイカには「シトルリン」というアミノ酸が含まれていて血中のNO(一酸化窒素)を高めることで血管を拡張し血流を促進する効果があります。そのため高血圧にも良いし冷え性改善にもスイカは役立つと言われている!

血液とは栄養と酸素を体内に巡らせる役割があるので、美容に良い成分がよりお肌を巡るので美容効果にも直結しますね。

むくみ解消

スイカには「シトルリン」というアミノ酸と「カリウム」というミネラルが含まれている。シトルリンはアミノ酸の中でも利尿作用が強く、カリウムには体内のナトリウムを排出する働きと共に利尿作用を持っている。

むくみの主な原因はうっ血と水分過多で、うっ血はシトルリンの血行促進で改善に期待できるし、水分過多は2つの利尿作用で排出に期待が持てます。

なのでスイカはむくみ解消のスペシャリストなんです!

抗酸化作用

スイカにはトマトにも含まれている抗酸化成分の「リコピン」がトマトより多く含まれている。スイカやトマトの赤色は主にリコピンなので赤い程リコピンが多いことに期待が持てるしなんとビタミンCの400倍の抗酸化パワーを持っているので抗酸化作用にも優れている。

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去する働きの事です。活性酸素は病気の90%を占めるとも言われていて廊下の最大の原因なんだそうです。なのでそれを減らせるということは病気の予防やアンチエイジング(若返り)効果に期待が持てますね!

あとリコピン以外にも「βカロテン」という抗酸化物質も含まれている。

ダイエット効果

スイカのリコピンには悪玉コレステロールの吸収を抑える効果があることが分かっています。

またむくみ解消の効能もあるので「むくみによる膨張」ならスグに解決できそうです。

基礎代謝を高める効果もありますし、カロリー自体もそこまで高くないので摂取カロリーを気にしないで続けられるのがダイエットに繋がっているんでしょうね。

デトックス効果

スイカがデトックスに良いのはシトルリン・カリウムのおかげです。

人のデトックスの20%前後は尿による物だと言われているので以上の2つの成分はデトックスに貢献している栄養成分であると言えますね。

体内の悪いものを排出して、デトックスしましょー!

スイカジュースの作り方

スイカジュースは結構簡単ですよ!

だって「ミキサーで攪拌するだけ」だもん~♪

作り方を簡単に説明するとこんな感じ。

  • スイカの皮以外をミキサーに入れる
  • ミキサーで攪拌したら完成!

たったコレだけです!あと種ですが入れても問題ありませんが完全には攪拌出来ないので少し気になるかもしれません。ただ入れる時にゆっくり入れれば種は底に溜まるので気になる方はそのように入れましょう。

あと皮も小さく着れば一応ミキサーにかけられると思う。ただ味は好き嫌いがありそう。

スイカそのままの味を楽しむのも良いですが「塩を少々」入れると味が増すよ!ただ入れすぎるのは良くないので少々にして置きましょうー。

スイカジュースのカロリーは?

スイカジュースのカロリーはスイカだけの場合「150kcal」ほどです。

白米(1合)のカロリーが500kcal前後なので結構低いことが分かります。

ちなみにスイカジュースは「500g」をミキサーにかけての計算なので結構な量を飲んでもそこまでのカロリーにはならないことが分かりますね。

まとめ

以上がスイカジュースです!

2018年の夏くらいから本格的に開始するかもしれませんね。

ぜひ期待して、先に知っておきましょうー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする