たらこアレルギーの症状と原因!注意するべき食品

たらこを食べることでアレルギー症状が起こる

たらこアレルギー。

一体どんな症状、どんな原因があるのでしょうか?また注意するべき食品とは!?

たらこアレルギーの症状

たらこアレルギーにはどんな症状があるのか?

考えられるアレルギー症状についてご紹介します。

蕁麻疹・湿疹

皮膚にアレルギー症状が起こることがあり

蕁麻疹や湿疹と言った症状が見られ
特に多いのは口周りで腫れや赤みが起こることが多い。

アトピーが現れることもあるようです。

嘔吐・下痢

消化器官にもアレルギー症状を起こすことがあり

最初は腹痛から始まり、嘔吐や下痢を引き起こす場合がある。

中には血便が出た!って人もいるみたい。

呼吸困難・喘息

呼吸器官にもアレルギー症状を起こす可能性があり

呼吸困難や喘息と言った症状を引き起こす場合があります。

喘息には喘鳴(ぜんめい)と言って呼吸する度にヒューヒューやピューピューと言った症状があるみたいです。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは、呼吸困難になり血圧が低下し意識が朦朧(もうろう)とする症状のことの様です。

ただ場合によっては死に至る可能性もあるので注意が必要。

たらこアレルギーの原因

たらこアレルギーの原因は「魚卵の構造」にあるそうです。

たらこアレルギーの方は他の魚卵も控えたほうが良いと言われています。

あと鶏卵とは構造が違うので、卵を食べてもアレルギー症状が出ることはありません。ただ卵アレルギーというのもあるので、ゼロではない。

たらこアレルギーを発症してしまう原因の多くは赤ちゃんの時にあると言われています。魚卵の成分が含まれた母乳の摂取や胎児の時の母親の魚卵の摂取などが考えられるそうです。

あと花粉との構造も似ているため、花粉症の原因になることもある。

たらこアレルギーの方が注意するべき食品

たらこアレルギーの方は「他の魚卵」に注意しないといけません。

では、考えられる物をご紹介致します。

  • イクラ(筋子)
  • タラコ
  • 明太子
  • 数の子
  • カラスミ
  • キャビア
  • 子持ちのシシャモ

以上が考えられる注意するべき食品です。主に魚卵は控えたほうが良いし、子持ちのお魚も注意したほうが良いでしょう。そして以上の物以外にも注意しなくてはいけない食品はあるかも知れないのでそこはご了承ください。

まとめ

ご飯のお供でもある、タラコのアレルギー症状と原因でした。

また魚卵や子持ちのお魚には注意しないといけませんね。

ぜひ注意して、お食事をしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする