たこアレルギーの症状と原因!注意するべき食品とは

シェアする

たこを食べることアレルギー症状が起こるタコアレルギー!

そのアレルギー症状と原因は一体なんなんでしょうか?

またタコ以外にも注意するべき食品があるので、それもご紹介致します。

たこアレルギーの症状

たこアレルギーはたこを食べるだけでアレルギー反応が起こります。

ではどういったアレルギー症状が考えられるのか?

蕁麻疹・湿疹

皮膚にアレルギー反応が起こることが最も多いです。

その症状は特に口周りに起こりやすく、唇の腫れや口周りの痒みなどが挙げられます。そして腕などに蕁麻疹・湿疹が現れることもあるそうです。

以上の事が原因でアトピーを発症するケースもあるとか?

腹痛・嘔吐

食べれば当然胃に入るので、消化器官にも影響を起こします。

その症状は腹痛から始まり、嘔吐や下痢を引き起こす事もあり、場合によっては血便と言った症状もあると言われています。

呼吸困難・喘息

たこアレルギーは呼吸器官にも影響を起こし、呼吸困難や喘息と言った症状を引き起こす危険性があります。また喘息には喘鳴(ぜんめい)という呼吸する度にヒューヒューやピューピューと言った音が鳴るという特徴もある。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは、呼吸困難になり血圧が低下して意識が朦朧(もうろう)とする症状のことで最悪の場合は死に至る可能性もある。

なのでかなり怖いアレルギー症状だと言えるでしょう。

たこアレルギーの原因

たこアレルギーは何が原因なのか?

実はたこに含まれる「タンパク質」が原因だと言われている。

主に「トロポミオシン」というタンパク質が原因でアレルギー症状が起こります。そしてこちらのタンパク質はイカやカニなどに含まれているので他の食べ物も注意が必要。

たこには「トリメチルアミンオキサイド」というタンパク質が含まれていて、仮性アレルゲンなのでコレが原因でアレルギー症状が出ることもある。

またハウスダストアレルギーと互換性もあるようなので、ハウスダストアレルギーの人はたこアレルギーを発症しやすい。

たこアレルギーの注意するべき食品

たこアレルギーの人はトロポミオシンとトリメチルアミンオキサイドに注意する必要があると思います。この2つが含まれる食品をいくつかご紹介しましょう。

  • エビ
  • カニ
  • シャコ
  • イカ
  • 牡蠣
  • 貝類

またこれらに含まれるタンパク質は水に溶けるので、だし汁にも注意が必要。

そして以上の物が全てではないので、そこも注意をした方が良い。

まぁでも大体は甲殻類や軟体類に多い傾向があります。

まとめ

以上がたこアレルギーの症状と原因、注意いすべき食品でした。

主にたこアレルギーの方は甲殻類・軟体類に気をつけましょう。

またハウスダストアレルギーの方はたこアレルギーになりやすいのでそこも注意!

自分で気をつけることが最大に予防法となります。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク