ヨーグルトアレルギーの症状と原因!もしかすると乳糖不耐症かも?

シェアする

ヨーグルトを摂取することで起こるヨーグルトアレルギー。

これは乳/乳製品アレルギー呼ばれるものですね。

その症状は結構多く、原因もちゃんとありますのでご紹介しましょう。

ヨーグルトアレルギーの症状

ヨーグルトを摂取することで様々な効果があります。

ではそのアレルギー症状についてご紹介します。

蕁麻疹・湿疹

ヨーグルトを食べると肌にアレルギー症状が起こり、蕁麻疹が現れます。

痒みや赤みが現れるようです。

また悪化するとアトピーに繋がるようです。

下痢・嘔吐

ヨーグルトアレルギーは消化器官にも影響を及ぼします。

腹痛を起こし、下痢や嘔吐といったアレルギー症状を引き起こす。

そして場合によっては血便を起こすことも?

呼吸困難・喘息

ヨーグルトアレルギーは呼吸器官にも影響を起こします。

呼吸困難を起こしたり、喘息を発症することも?

また喘息には喘鳴という「ヒューヒュー」や「ゼーゼー」と言った症状が起こる。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーとは血圧が低下して意識がもうろうとする症状のこと。

これは命に関わるほど危険があり

ヨーグルトアレルギーでも可能性がゼロではない。

ヨーグルトアレルギーの原因

ヨーグルトアレルギーの原因は「タンパク質」だと言われています。

ヨーグルトに含まれるガゼインというタンパク質が抗体IgEを作り出し、その後同じタンパク質を摂取するとそれを敵だと思い攻撃します。その攻撃している時に起こる症状がアレルギー症状として様々な所に起こるのです。

また他にも食べ過ぎてしまったり、消化器官が未完成だと起こることもある。

消化不良の症状は乳糖不耐症の可能性アリ!

ヨーグルトアレルギーだと思っていたが実は乳糖不耐症だった!っていうこともあります。

乳糖不耐症とは、乳糖を分解する乳糖分解酵素(ラクターゼ)という酵素が欠損していたり、少ない方がいるようです。その方達は乳糖を上手く分解出来ないので消化不良を引き起こし腹痛や下痢と言った症状を起こすことがある。

なのでヨーグルトアレルギーだと思っていた人も、もしかすると乳糖不耐症かも?

乳糖不耐症は遺伝の先天性や病気による後天性の物もあります。

でもヨーグルトはアレルギー体質を治すのに良い

ヨーグルトは実はアレルギー体質を改善する一つの方法だと言われています。

実際に長期間ヨーグルトを摂取した方は花粉症やアトピーが良くなったという報告がある。

そのためヨーグルトはアレルギーに有効、しかし乳関係のアレルギーを持っている人はそれが使えないので難しい所かもしれませんね…。

ただアレルギーの体質改善効果はあくまで「乳酸菌」が持っています。乳酸菌は乳という文字が入っていますが実は乳アレルギーを持つ人が摂取しても乳由来のタンパク質が含まれていない限りアレルギー症状を発症することは無いのです。

なので乳酸菌サプリや味噌汁やキムチと言った物なら問題ありません!

まとめ

ヨーグルトアレルギーというのは症状も怖いものです。

また原因はヨーグルトのタンパク質なので乳酸菌自体は問題ありません。

またヨーグルトアレルギーではなく乳糖不耐症のばあいもありますが、どちらも同じような原因なので控えるのは変わらないかもしれませんね。

乳酸菌自体は健康に良いので摂って欲しいですけどね~。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク