ラテックスアレルギーの症状と原因!果物にも含まれている?

シェアする

ラテックスアレルギーとはゴムアレルギーとも言います。

ゴム製の物を肌に触れると手が痒くなり、赤くなります。

そんなラテックスアレルギーの症状と原因をご紹介します。

また果物にもラテックスは含まれているので注意が必要なんだとか。

ラテックスアレルギーの症状

ラテックスアレルギーはどういった症状があるのか?

考えられるアレルギー症状についてご紹介します。

蕁麻疹・湿疹

ラテックスアレルギーはゴムが触れた場所に蕁麻疹や湿疹が起こります。

赤みや痒みが起こるのでゴムは触れないようにしましょう。

水ぶくれ・膨疹

ゴムを触ることで赤みや痒み程度でおさまれば良いですが

場合によっては、水ぶくれや膨疹といったアレルギー症状が起こります。

嘔吐・下痢

ラテックスアレルギーはなんと嘔吐や下痢など消化器官にも影響することがあります。

しかしこれは重度なものなので大抵の人には起こりませんが注意が必要です。

あとラテックスが含まれるものを口にした場合は起こる危険性はあります。

呼吸困難

消化器官だけではなく、呼吸器官にもラテックスアレルギーの症状は起こりやすいです。

呼吸困難になる恐れがあるそうです。

また喘息のような症状が見られることも。

アナフィラキシーショック

ラテックスアレルギーでアナフィラキシーショックが起こることがあります。

血圧がテイアして、意識がなくなるというほど恐ろしい症状。

そして最悪の場合命に関わるほど危険!

ラテックスアレルギーの原因

ラテックスアレルギーの原因は「ラテックス(天然ゴム)」です。

まぁ当たり前なのですが、ラテックスが体に触れたり体内に入るとアレルギー症状が起こるのでそれが原因ですね。そしてラテックスは意外と様々なものに含まれているのでゴムだけ気をつければいいってわけでもなさそうです。

実際に果物のにもラテックスは含まれていることがあります。

これはラテックスの生命防御タンパクとって、ラテックスのタンパク質が果物に含まれているのでラテックスアレルギーを引き起こす引き金になるタンパク質の事。

実際にアレルゲン物質の殆どはタンパク質が原因なのでこのような事が起こるんですね。

なのでラテックス(ゴム)も気を付けないといけませんが、タンパク質にも注意ですね!

ラテックスアレルギーが気を付ける果物とは

ラテックスアレルギーの方は果物にも注意しないといけません。

果物にはラテックスに含まれる生命防御タンパクが含まれているのでラテックスアレルギーを引き起こすことが十分に考えられるのです。

それで気を付けるべき果物は以下の通りです。

  • バナナ
  • キウイ
  • メロン
  • イチジク
  • グレープフルーツ

他にもあると思いますが調べてみたところ以上のようなものが見つかりました。

また他にも野菜やナッツ類にもラテックスのタンパク質が含まれていることもわかりました。

以下の食品には気をつけてください。

  • クリ
  • トマト
  • アボカド
  • パパイヤ
  • ジャガイモ
  • クルミ
  • ピーナッツ
  • ココナッツ
  • ヘーゼルナッツ

ラテックスアレルギーの方はコンドームはつけられない?

ラテックスアレルギーの人は避妊具をつけることは出来ないそうです。

それはコンドームはゴム製品なので、痒くなるなどアレルギー症状が起こる。

なのでそういった方は「ピル」や「ポリウレタン製のコンドーム」などを使うといい。

ゴムアレルギーでも自分で気を付ければ問題ないんですね!

まとめ

ラテックスアレルギーとはゴムアレルギーですがゴムだけを気をつけてもダメみたいですね。

果物でも食べられないものはあるし、野菜でもある!もちろん全ての人が全ての食品でアレルギー症状が起こるとは言い切れませんがゼロではないでしょう。

ラテックスアレルギーはしっかりと自分で気をつけることが大事です。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク