ぎっくり腰は治りかけが一番気をつけた方がいい

ぎっくり腰は治りかけが一番気をつけた方がいい

ぎっくり腰とは、腰にある骨と骨の間にあるクッションのような働きをする椎間板(ついかんばん)というものがあり、それが断裂し一部が飛び出て神経を圧迫することによって起こると言われている。それで私が思うに治りかけが一番大事なのではないかと思う。