ロキソニンSの効能と副作用について

ロキソニンの効能と副作用についてご紹介!

ロキソニンには、様々な効能がございますが副作用もあるようです。

しかし気をつければ大丈夫なので、気をつける事もご紹介します。

ロキソニンの効能

ロキソニンには様々な効能があるみたいです。

その効能についてご紹介しましょう。

頭痛改善

ロキソニンは頭痛を治すことが出来ます!

頭が痛い時はロキソニンを飲むことが大事。そして飲むタイミングは実は出来るだけ速くです!「少しくらい痛い程度ならいいや!」って思って放置してから服用しても実は頭痛には聞かないようです。

頭痛薬は出来るだけ速く飲むことが大事なんですよ!

歯の痛みを治す

歯の痛みを治すのにもロキソニンはおすすめ!歯の痛みも鎮痛作用によって治まります。なので歯が痛い~って時はロキソニンを!

ただ虫歯かも知れないので、その時は歯医者(歯科)に行きましょうー!

筋肉痛を和らげる

実は筋肉痛にも効きます!筋肉痛も痛みなので鎮痛作用で治る。

なので筋肉痛がある時はロキソニンを服用しましょう。

まぁ痛くて歩けない!くらいじゃないと使う気はしないですけどね(笑)

生理痛を緩和

ロキソニンは生理痛も緩和します。

まぁCMでも話題なので、生理痛用に買う方は多いのではないでしょうか?

もしなかなか効かないな~って人はロキソニンSプレミアムがおすすめ!

生理痛でロキソニンが効かない時はロキソニンSプレミアムを服用しよう!
つらい生理痛…。 そんな時には「ロキソニンS」が良いと言いますよね。 でもロキソニンを飲んでも「少し痛いな~」「あんまり...

解熱

発熱がある時、解熱剤としてロキソニンは使えます。

結構ロキソニンは痛みだけだと思っている方は多いのでは?

熱を治める効能を持つので、ぜひ使ってやってください。

ロキソニンの副作用が起きる原因

ロキソニンには色んな効能がありますが、副作用もあるんです。

でも正しく服用すれば問題ないです!

そしてこちらが副作用が起きてしまう原因です!

飲み過ぎている

ロキソニンを飲むすぎると副作用が起こります。

ロキソニンは1回1錠です!そして1日2回まで!

これを超してしまうと、副作用が起こる危険性があるしかなり危険!

また体質が変わり、効能が無くなるという副作用が起きることも…。

大量摂取する

大量に摂取するのはよくありません!

ロキソニンは1回1錠です。それで効かなかったからといって量を増やすのはダメです!

もし効かない場合は病院へ行きましょう。病院なら市販のより強力なロキソニンが渡されると思うので!もちろん用法や用量には気をつけて!

空腹時の飲む

空腹時に飲むと危険だと言われている。

腸の粘膜が壊れるという副作用も確認されています。

なので絶対に空腹時には飲まないようにしましょう。

詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

ロキソニンSは空腹時に飲むと副作用が出て危険!3つの対策で緩和しよう!
頭痛や生理痛の症状の緩和に効果的なロキソニンS。 でもロキソニンはある飲み方をしてしまうと副作用がヤバイと話題です! ではどういった副作用なのか? ロキソニンSの副作用についてご紹介します。

時間間隔が短い

時間間隔が短いとダメです!基本医薬品は4時間以上空けるのがほとんどです!

ロキソニンも4時間以上の服用間隔を空ける必要があるので注意!

基本1回である程度治るはずです。それで治らない場合は病院へ検査する必要アリ。

飲み合わせが悪い

ロキソニンにはダメな飲み合わせがあるみたい!

その飲み合わせとはこちら。

  • 抗凝固薬
  • 血糖降下剤
  • 抗生物質
  • 関節リウマチ
  • 炭酸リチウム

まぁこれが全てダメなわけではないので、医師に相談してロキソニンは服用するといいでしょう。自分で決めるのはいけませんよ!

まとめ

ロキソニンの効能と副作用が起こる原因をご紹介しました!

意外と知らない効能があったのでは?

そして副作用が起きてしまう原因もご紹介したので、そちらには避けるように服用するといいでしょう。

ロキソニンは正しく飲んで、いい効能を!