空腹時の胃痛の原因と正しい対処法で治そう!

空腹時に胃痛が起きることはありませんか?

それには原因がありました!では、その原因と正しい対処法をご紹介します。

空腹時の胃痛が慢性的に続くのなら気を付けなくてはいけません。

空腹時の胃痛の原因とは?

空腹時に起きる胃痛の原因とは一体何か?

もし空腹時のみで食事をすると治ってしまう胃痛だった場合は「消化器系」に異常があるため起こっていると考えられます。そしてそれは病気の可能性も十分ありえる程です!

では、一体どんな病気なのか?

胃の病気が原因かも?

空腹時の胃痛は胃の病気かもしれません。では、どういった病気が考えられるのでしょうか?

なんと空腹時の胃痛はこのような病気が考えられると言われています!

急性胃炎

急性胃炎の症状には胃痛があると言われています。そして空腹時にその症状が強くなると言われているんですね。

急性胃炎は、ストレスお酒の飲みすぎなどで引き起こる病気です。

なので急な空腹時の胃痛はアルコールの過剰摂取やストレスによるものだと思ってください!

胃潰瘍

胃潰瘍の症状は空腹時に起こる事もあります。

しかし、食後に引き起こる場合も多い病気でもあるんですね。

なので空腹時・満腹時の両方胃痛が起こる可能性がある病気だと言えそうです。

十二指腸潰瘍

空腹時に胃痛が起き、食事を終えると胃痛が治るのは十二指腸潰瘍だと言われています。

なので食後はなんともない、空腹時のみの痛みの場合は十二指腸潰瘍を疑いましょう。

ストレスやお酒などで引き起こる病気なので気をつけましょうね。

胃酸過多症

胃酸が多くなる病気で、その胃酸によって胃痛が起きているのかもしれません。

特に空腹時の方が胃酸のダメージがでかいので、胃酸が多くなったことによる胃痛かもしれません。

胃酸過多は胃の病気の合併症として起こる場合が多く、単体で起こるとは考えにくいです。

胃の冷え

意が冷える事で胃痛が起こる場合があります。

おなかが冷えるとお腹が痛くなりますよね?あれと同じで胃が冷えると胃が痛くなる場合があるんです。そしてなぜ空腹時に胃痛が起こるのか?ですよね。

それは空腹時は胃が冷えているのですが、食べ物を食べることによって消化が起こります。消化中は胃に血液が集まりやすく、温まりやすいです。

もしかすると胃が冷えているのかもしれません!

ストレス

ストレスによって胃痛は起きます。

というのもストレスが原因で胃の病気って起こりやすいですよね。なので胃炎や胃潰瘍や十二指腸潰瘍などもストレスで起こる事が多いです。

なので空腹時の胃痛は「ストレスに気をつける」ことです!

正しい空腹時の胃痛の対処法

空腹時に起こる胃痛は、どう対処すればいいのか?

おすすめの対処法は3つあります。

こちらの対処法で空腹時の胃痛を治していきましょう。

消化にいいものを食べる

空腹時の胃痛の時には、消化にいい食べ物を摂取しましょう。

消化に悪いものは胃痛を悪化させる原因にもなりますしね!

空腹時の胃痛は胃の病気を発症している可能性があるので、胃は安静にしているのが良いでしょう。

消化に良い食べ物はこちらです。

  • おかゆ
  • うどん
  • そば
  • ヨーグルト
  • りんご

刺激物を摂取しない

空腹時の胃痛がある時は、刺激物は摂取しない方が良いでしょう。

刺激物とは、辛い物などをそう呼びますが辛いものだけではございません。胃に刺激がある食べ物は刺激物なので気をつけましょう。

刺激物をいくつかご紹介しますので参考にしてください。

  • 唐辛子
  • わさび
  • にんにく
  • ネギ類
  • 炭酸飲料
  • コーヒー
  • お酒

常温のミルクを飲む

牛乳には、胃の粘膜を保護する働きがあるので胃痛を緩和してくれます。

また空腹感も抑えられて、一石二鳥だと思います!

ただ、冷たい牛乳は刺激になる可能性があるんで、常温かホットミルクを飲みましょう。

あと少しずつ飲んだ方が胃には優しいですよ!

空腹時の胃痛が続くようなら病院の行きましょう

基本的に胃痛はすぐに病院に行ったほうが良いです。

しかし、そんなことでは中々行かないですよね(笑)なので対処法を行えば1週間以内は絶対に治ります。もし治らないのであれば別の病気の可能性もあるので病院に受診しましょう。

胃痛は内科でOKなので、内科に受診しましょう。