妊活には葉酸がよかった!1日の必要摂取量はどれくらい?

妊活で大事な栄養素ってなんだか知っていますか?

実は「葉酸」だと言われています。

その理由についてご紹介しましょうー。

葉酸が妊活で大事な理由

葉酸にはいくつは妊活に対していい効果があります。

それは「着床」と「受精卵の成長」が関係しています。

着床とは、受精卵が子宮内に結びつく事を言います。

そして結び付いた後の成長も促進してくれます。

なので妊娠しやすくなる効果があるってことですね!

葉酸は血液を作るビタミンです

血液といえば、鉄分が挙げられると思います。
確かに血液のほとんどは鉄分によってできています。

しかしそれ以外に葉酸も血液を作っていると言われています。女性は男性よりも多くの血液が必要だと言われていて、結構も悪くなりやすい!

なのでそのため、鉄分や葉酸を多く摂取するのが良いと言われている!

妊活を成功させるために必要なこと

妊活のために葉酸を摂取するのはいい事ですが、ほかにも大事なことはありますよ!

それは以下の5つです!

体温を上げる

体温が高いほうが血流がいいと言えるため妊娠しやすいと言われています。

なので体温を上昇ために、体を温めておきましょう、

逆に冷え性や低体温は妊娠しづらい原因なので解消するといいでしょう。

ウォーキングなどをするといいでしょう。あくまで軽い運動です!激しい運動は着床を妨害する行為なので気をつけましょう。

あとお腹を暖めると全身の体温が上がりやすいので特におへそを温めるようにしましょう。

健康的な食事

健康的な食事は、妊活において大事です。

まぁこれはそれほど重要ではないのですが、健康体に越したことはないですからね~。

ちなみに青魚などに多く含まれるDHAを摂取するとお腹の中の赤ちゃんのIQや学習能力が高まったというデータもあります。

そしてDHAの他にもEPAという血行を促進する効果があるため、おすすめです!

健康的な食事がわからない人は「和食」を参考にするといいでしょう。

健康にいい食事が「和食」だと言われている理由
健康に良い食事って何か知っていますか?実は健康にいい食事、食べ物・飲み物っていうのはあります!なのでその3つについてご紹介しようと思う。そして3つの大事なカラダに良い食事の仕方も!

禁煙・禁酒

禁煙や禁酒は妊活には大事!

妊娠中はこれらを禁じられているので、妊活の段階から行うと良いかもしれません。

アルコールやニコチンなどは体に害があるので控えましょう。

しっかりと睡眠

睡眠不足は体の様々な機能が落ちてしまいます。

なので1日7時間の睡眠を取れるように頑張りましょう。

ストレスを発散する

ストレスは妊活において良くないと言われています。

なので出来るだけ解消してあげるといいと言われている。

しかし中々それって難しいですよね・・・。

おすすめは「涙活」っていうリラックス法がおすすめ!

涙を流すと睡眠と同等のリラックス効果を得ることができる
皆さん泣くという行為はしていますか? 実は涙を流すとリラックス効果がありストレス解消・発散することが出来るんですよ!これは「涙活」といって睡眠と同じくらいのリラックス効果があると言われています。ではその効果について詳しくご紹介しようと思います!

葉酸はどんな食べ物に多く含まれている?

葉酸が豊富に含有されている食材をご紹介。

ランキング形式でご紹介します。

3位!枝豆

枝豆には多くの葉酸が含まれています。

なので手軽にコンビニでも買えるため結構おすすめ!

直ぐに摂りたいって時にはお勧めかも!

2位!モロヘイヤ

モロヘイヤって栄養が万点だって知ってましたか?

ビタミンミネラルがほかの野菜をはるかに凌駕する程含有されている。

これだけ食べればあとはいらないくらい!!

1位!レバー

レバーは鉄分が豊富なイメージがありますが、実は葉酸もかなり豊富!

それ以外にもビタミン・ミネラルも豊富なため完全栄養食と言えるかも?

ちなみにレバーはヘム鉄といい、吸収力が高い鉄分なため貧血改善にすごくイイ!

妊活のための葉酸の摂取量は?

葉酸の摂取量は厚生労働省でも発表されています。

どうやら「400μg」だと言われています。
400μgとは0.4mgです!

牛レバーなら40g・モロヘイヤは160g・枝豆なら125g

意外と少ない量で摂取できるのでそこまで難しくはないと思います。

ただは1000μg以上は過剰摂取にあたいするので気をつけましょう。

まとめ

妊活と葉酸の関係がお分かりいただけましたか?

妊活とはあくまで妊娠を促進するものです。

あくまで「しやすい体づくり」の為に葉酸は摂取しましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする